ことば.comロゴことば.com

ことのは

2015年01月27日

「やまとうたは ひとのこころをたねとして よろずのことのはとぞなりける」   「大和歌は、人の心を種として、万の言の葉とぞなりける」 これは、古今和歌集仮名序の冒頭分で、 「世の中すべての事象を歌っている。ただ […]

初と始

2015年01月21日

「初めて」「始めて」 ?????   この違いは?   では、まず「年始」とは、年が始まること。 で、「年初」は、年の初め。   「初」と「始」を使う時はいつも迷う。   調べてみ […]

年賀

2014年11月15日

そろそろ年賀状を考える季節になりました。 年賀って何も考えずに使っていたけど、どういう意味?と今頃不思議に。 「賀」という字は、やたらと格式張った堅苦しい感じのする字だと思っていたけど、 これって、「喜ぶ」とか「祝う」な […]

2014年10月15日

竹に合う。。。で、答え。 なんで竹冠なんでしょう?   「合」は、器に蓋をしている様子。 で、「答」を利用する前は、「合」と言う字で「こたえる」と読んでいたようなのですが、次第に「答」を使うようになったとのこと […]

ひかり・光の語源

2014年09月25日

「ひかり」という言葉ですが、なかなか綺麗な言葉だと思っているのは、きっとそのイメージのせいなのかな? そんな事言うと、他の言葉でもそうですけど。   この「ひかり」ですが、太古の昔は電気なんてないので、日没以降 […]

爽やか

2014年09月1日

驚いたことに「爽やか」は、俳句の世界では秋を表す季語。 てっきり、春先とか、緑が多くなって気候のいい頃の季節を現すのに使うのだと思ってました。 と言っても、俳句の世界では・・・ということなので、別に、俳句に関係ない私とし […]

2014年08月11日

「止」に「少」を書いて「歩く」。   歩き続けるのもいいけど、少し止まってもいいんだよ・・・   相田みつをさんみたいですね。   止は、足跡そのもので、昔は足の意味で使われてましたが、停止 […]

満足とか不足とか・・なぜ、足?

2014年06月21日

寝不足だな・・・なんて思って、ふと疑問。 満足する時には、満ち足りる。なぜ、足? 不足も同じ。   元々、「足」は、モノの本体についているもの。 継ぎ足したものの意味から、「足」が足りる、足りないへと変化した。 […]

お洒落は当て字?

2014年06月15日

お洒落と言えば、垢ぬけていて、かっこいい感じの事を言うけれど、感じにすると「酒」に「落」の組み合わせ。 お酒飲んで落ちて・・・なんて考えると、場末の匂いがぷんぷん。 でも、多分、どの時代でも、お酒を飲む場所に集まる女性っ […]

2014年02月1日

何となく歌を聞いていたら、「息も止まるほど・・・・」なんて歌詞が聞こえて来て、ふと思った。息ってなんでこんな字? まず「息」と言う字は、「自」と「心」の二文字。「自」は元々「鼻」を表した象形文字。自分を指す時に鼻に指を当 […]