ことば.comロゴことば.com

歴史の流れの中の言葉

全然

2016年06月16日

「全然」

この言葉、私が子供の頃は、否定的に使う言葉でした。

・全然知らない。

・全然気づかない。 など。

 

ネットで調べてみても

《後に打消しの言い方や否定的な意味の表現を伴って》

と、説明してある。

 

それが、最近では、肯定的にも使うようになってきた。

「これ、好き?」

「全然、大好きですよ」

なんて感じで。

 

多分、最初は使い方が間違っていることをちゃんと認識しながら言っていたと思われるが、

今では、普通に会話に入ってくる。

 

こうやって、言葉は崩れていくんだ・・・

なんて思うけど、一つの言葉を突き詰めて調べていくと、もともとはこんな意味を持っていたが、

後にこの部分だけを指すようになった・・・みたいな説明がしてある場合がある。

 

全然という言葉も、そうなるんでしょう。

100%否定の言葉として使っていたが、後に強調に使われるようになる。

なんて。

よろしければ、一言どうぞ

【過去記事】こんな記事も・・・・・

予定は未定

予定は未定とは、うまい言い方だな・・・・としみじみ。 私の場合、予定は

「聞く」と「聴く」

話しているときは問題なくても、いざ書こうとすると、どの字を使うのが正し

日本語の起源

今、世界で主流なのが印欧語=インド・ヨーロッパ語族。ヨーロッパ人は、文

影響を受ける

子供の頃から詩を書きためたノート群から一冊を取り出して読んだりすると、

時には、無関係の人のことばも・・・

競合他社の人だけど、なぜかとてもいい人だな・・・・と思っていたら、今日

何でも前向きに!

嫌みも悪意もないお誘いは、安易に断らずに参加しよう! こちらの気分一つ

感謝することしか出来ない時

自分にとっては、結構笑えるミスでも、相手にとっては笑えないミスがある。

大晦日

今日は大晦日。 「おおみそか」を漢字で書けと言われると、・・・・書けな

信じる力

自分でも笑えるのだけど、 「みんな頑張ってる!」 という言葉を信じて頑

以心伝心

なんと!年始に奇数日アップを目指す!なんて言っていたのに、気がつけば・

信じる力 -恋愛編-

まず、自分が相手を好きだという前提で。 相手の事が好きだという思いに嘘

忘れるために

出来れば、そうだな。 悲しさとか、つらさは、心の中にしまいこんで 出会