ことば.comロゴことば.com

歴史の流れの中の言葉

全然

2016年06月16日

「全然」

この言葉、私が子供の頃は、否定的に使う言葉でした。

・全然知らない。

・全然気づかない。 など。

 

ネットで調べてみても

《後に打消しの言い方や否定的な意味の表現を伴って》

と、説明してある。

 

それが、最近では、肯定的にも使うようになってきた。

「これ、好き?」

「全然、大好きですよ」

なんて感じで。

 

多分、最初は使い方が間違っていることをちゃんと認識しながら言っていたと思われるが、

今では、普通に会話に入ってくる。

 

こうやって、言葉は崩れていくんだ・・・

なんて思うけど、一つの言葉を突き詰めて調べていくと、もともとはこんな意味を持っていたが、

後にこの部分だけを指すようになった・・・みたいな説明がしてある場合がある。

 

全然という言葉も、そうなるんでしょう。

100%否定の言葉として使っていたが、後に強調に使われるようになる。

なんて。

よろしければ、一言どうぞ

【過去記事】こんな記事も・・・・・

2月

2月と言えば、今年はオリンピック。もう間もなく本番です! 2月ですが、

変わらないモノ

思いは伝わる? んーーー どうでしょうね?   伝わっている

万感の思いを込めて

ソチ五輪。男子フィギュアスケート。高橋大輔選手最後の五輪は総合六位。

人称代名詞

ある本を読んでいて、人称代名詞は日本語にはない!といったような事が書か

大人になるってことは?

30歳を過ぎる頃からか、人って成長しない生き物だと実感したのは。 人を

文字は消えない

言葉が生まれてから、それを記憶するために。また、記録していくために使わ

勘違いのネアンデルタール人

「はじめてのことば」で、ネアンデルタール人の咽喉の構造がホモサピエンス

一喜一憂しない。

一喜一憂しない。 一喜一憂して、自分の気持ちに振り回されていたら、とて

日本語と漢字

例えば英語、ドイツ語やフランス語もそうですが、同じような意味を持つ同音

新しい風、新しい空気

今日は、やたらと仕事が楽しかった!   普段一人で仕事をして

年賀

そろそろ年賀状を考える季節になりました。 年賀って何も考えずに使ってい

ひかり・光の語源

「ひかり」という言葉ですが、なかなか綺麗な言葉だと思っているのは、きっ