徒然

日本語と漢字

2013年11月13日

例えば英語、ドイツ語やフランス語もそうですが、同じような意味を持つ同音異義語は基本存在しないそうです。音で聞き取る言葉なので、同じ発音で違う意味の言葉があるとどちらの意味なのかが分からないからです。

日本語はといえば、同音異義語は沢山。「とる」という言葉を入力したら、撮る、取る、摂る、採る、獲る、執る、録る…こんな風に出てきます。どの「とる」なのかは、文脈で判断をしたりしますが、どの漢字なのかを聞けば、納得です。
さらに、あまり聞き覚えのない単語を言われた時は、やはりどんな漢字を書くのかを聞く人が殆どではないでしょうか?

シュレッダーという言葉は、知らないと何なのかが分からないけれど、粉砕機或いは破砕機と書いてあれば、例え読み方が分からなくても、粉々に砕く機械だと分かります。
日本語の場合、「粉々に砕く機械」から字をとって、「粉砕機」と書きます。そうなると、面白いことに読み方は音読みとなり「フンサイキ/ハサイキ」と読みます。
音読みが、中国語の日本語に訛った読み方。訓読みが、もともとの日本語です。

日本人の凄いところは、この音読みと訓読みを適度に使い分け、文字からその意味をイメージしてしまうこと。人が言葉として発している音を、目で見ているようにイメージするのは、日本語以外では考えられないのではないかと思います。
英語を話す人が、シュレッダー(shredder)が何かを知らず、アルファベットで書かれた文字を見たとしても、シュレッダーがどういうものかイメージすら出来ません。でも、だから、彼らには同音異義語がないとも言えます。子音や母音が多いため、同音異義語を作る必要が無かった訳ですが、日本語の場合は、子音や母音が少なく、同音異義語を作って区別するしかなかったんでしょうね。
だから、中国から漢字が入ってくる事で、人との伝達がやり易くなったに違いない…と思うと、漢字以前の日本語は、随分と使い辛く、どのように使っていたのか、とても不思議に思います。五十音を考えた時に(詳しくは「埋まらない五十音」をどうぞ)、今は消えてしまった子音があるみたいなので、今よりかは同音異義語の区別はついたかもしれませんが。

何はともあれ、中国には、漢字を発明してくれて感謝!ですね。

よろしければ、一言どうぞ

【過去記事】こんな記事も・・・・・

いつ、いかなる時も

いつ、いかなる時も、誰が来ても フットワーク軽く動けるようにしておくこ

変化に対応する

年末年始、いつもと違う雰囲気に戸惑って、結果は散々。 今日は、いつもと

以心伝心

なんと!年始に奇数日アップを目指す!なんて言っていたのに、気がつけば・

漢字で国名

今日、向きが逆になっていたからという事もあってん、「米B52が防空識別

適応能力

人が現在栄華を誇っているのは、強かったからではありません。 人は、虎の

雨、あめ、飴、編め・・・

雨、あめ、天、飴、編め・・・・ 日本語は同音異義語が多いので、こういう

スタートさせる事

頭の中でいろいろ考える。あんなことも出来るかも・・・とか、こんなことも

信じる力 -恋愛編-

まず、自分が相手を好きだという前提で。 相手の事が好きだという思いに嘘

ことばの語源

「ことば」って、「言」+「葉」からきていると思っていたら、意外と違って

新しい年 2015

2015年になって、明日で二十日が過ぎます。 お正月って、なにかと慌た

自分の性格と付き合う

「自分の性格だから、付き合っていかないといけない」 これ、なかなか深い

勘違いのネアンデルタール人

「はじめてのことば」で、ネアンデルタール人の咽喉の構造がホモサピエンス