ことば.comロゴことば.com

徒然

埋まらない五十音

2013年11月5日

韓国語を少しだけかじった事があります。たまたま韓国から来ていた人と知り合いになり、少し読み方を教わっただけですが。
その時に本に書かれていて驚いた事。
まず「ん」なのですが、「あんみつ」「案内」「案外」の三つの言葉。2文字目を平仮名で書くとどれも「ん」になる訳ですが、実際の発音は・・・と言うと、「あんみつ」の場合は「m」で、「あんない」の場合は「n」、「あんがい」になると「ŋ」になっています。日本人はほとんど意識せずに、同じ文字で言い分けているって事ですよね。

また別の時に、『サ行に含まれている「し」』という表現を見ました。サの口を意識して、サ行を言ってみると確かにサの次は、スィに近い発音になります。

五十音表

同じような感じで五十音を順番にやってみました。タ行は、「タ、ティ、トゥ、テ、ト」と「ツァ、ツィ、ツ、ツェ、ツォ」「チャ、チィ、チュ、チェ、チョ」の混合のように思えます。「ち」は「チィ」が一番近いと感じるし。
「ふ」もきっとファ行の名残。

韓国語には母音に、「ja、jc、jo、ju」の発音があります。アルファベットにすると「ya、yeo、yo、yu」ですが、日本語のヤ行やキャ行、シャ行、チャ行、ヒャ行などを考えると、全部文字が入りそう。
今では、外来語のために書かれる「ウィ、ウェ」などいろいろありますが、案外昔は日本人が発音していたような音かもしれません。

歴史的に、それほど昔ではない明治時代、すべての枡が埋まっている五十音表があります。
ウィキペディア -ひらがな-ウィキペディア -カタカナ-で確認出来ます。

たった200年ほどの間に、いくつかの文字は消え、その読み方もはっきりと分からなくなるいうのも、面白い現象ですね

よろしければ、一言どうぞ

【過去記事】こんな記事も・・・・・

愚痴を言う

同業者も同僚もいない所で仕事をすると、ある意味気楽だけれど、情報から取

自分を現す人称代名詞は、日本語の場合、やたらと多いです。特に男性が使う

言葉の伝達方法

昔は、漢字を速く書くために、草書体というものを創り出した。 良く、「達

石の上にも三年

石の上にも三年。これは、冷たい石の上でも三年も座っていれば暖まるだろう

完璧な矛と完璧な盾 だから矛盾

これは、どんな盾も貫ける矛だよ! これは、どんな矛からも身を守れる盾だ

日本語の面白いところ

日本語と言うか、漢字も含めて・・・と言う事になりますが。 まず、漢字に

奇数と偶数

数字は、2で割り切れない数字が奇数で、2で割る事の出来る数字を偶数と呼

スタートしたら・・・・

スタートさせたら、順調に進められるのかと思いきや! いろいろ問題が・・

気を紛らわす

こんな思いはしたくない・・・ と辛いときは、仕事が忙しい方がいい。 あ

感謝することしか出来ない時

自分にとっては、結構笑えるミスでも、相手にとっては笑えないミスがある。

集団的自衛権は必要?

集団的自衛権は、国際的に認められた国が持てる権利。 今まで持たなかった

「止」に「少」を書いて「歩く」。   歩き続けるのもいいけど