ことば.comロゴことば.com

徒然

埋まらない五十音

2013年11月5日

韓国語を少しだけかじった事があります。たまたま韓国から来ていた人と知り合いになり、少し読み方を教わっただけですが。
その時に本に書かれていて驚いた事。
まず「ん」なのですが、「あんみつ」「案内」「案外」の三つの言葉。2文字目を平仮名で書くとどれも「ん」になる訳ですが、実際の発音は・・・と言うと、「あんみつ」の場合は「m」で、「あんない」の場合は「n」、「あんがい」になると「ŋ」になっています。日本人はほとんど意識せずに、同じ文字で言い分けているって事ですよね。

また別の時に、『サ行に含まれている「し」』という表現を見ました。サの口を意識して、サ行を言ってみると確かにサの次は、スィに近い発音になります。

五十音表

同じような感じで五十音を順番にやってみました。タ行は、「タ、ティ、トゥ、テ、ト」と「ツァ、ツィ、ツ、ツェ、ツォ」「チャ、チィ、チュ、チェ、チョ」の混合のように思えます。「ち」は「チィ」が一番近いと感じるし。
「ふ」もきっとファ行の名残。

韓国語には母音に、「ja、jc、jo、ju」の発音があります。アルファベットにすると「ya、yeo、yo、yu」ですが、日本語のヤ行やキャ行、シャ行、チャ行、ヒャ行などを考えると、全部文字が入りそう。
今では、外来語のために書かれる「ウィ、ウェ」などいろいろありますが、案外昔は日本人が発音していたような音かもしれません。

歴史的に、それほど昔ではない明治時代、すべての枡が埋まっている五十音表があります。
ウィキペディア -ひらがな-ウィキペディア -カタカナ-で確認出来ます。

たった200年ほどの間に、いくつかの文字は消え、その読み方もはっきりと分からなくなるいうのも、面白い現象ですね

よろしければ、一言どうぞ

【過去記事】こんな記事も・・・・・

元旦と元日

新しい年が始まりました! 2014年。すぐにソチオリンピック!楽しみで

何でも前向きに!

嫌みも悪意もないお誘いは、安易に断らずに参加しよう! こちらの気分一つ

自分への言葉

海外ドラマで「メンタリスト」というドラマがある。それを見ていたら。主人

阿吽の呼吸

良く息のあった人たちのことを「阿吽の呼吸で・・・」なんて言い表すけど、

石の上にも三年

石の上にも三年。これは、冷たい石の上でも三年も座っていれば暖まるだろう

満足とか不足とか・・なぜ、足?

寝不足だな・・・なんて思って、ふと疑問。 満足する時には、満ち足りる。

ひきこもごも

ソチ五輪も、もう終わり。すべての競技を見た訳ではなく、こんな競技もある

予定は未定

予定は未定とは、うまい言い方だな・・・・としみじみ。 私の場合、予定は

311

無情にも時間は過ぎていく物だと実感するのは、今日のような日なのかもしれ

ことばが繋ぐ人との輪

素通りするより、会釈して。 会釈だけより、微笑んで。 ほんの少し勇気を

「主」と「副」

時間があるからと、「主」ではなく「副」に力を注いで、気付いたら「主」が

いつ、いかなる時も

いつ、いかなる時も、誰が来ても フットワーク軽く動けるようにしておくこ