徒然

書き言葉と話し言葉

2013年10月19日

書き言葉と話し言葉が違うのは仕方ないかな・・・とは思うのですが、これはどうなの?と思うのが、国会の法案とか、憲法とか。
昨日もニュースで、秘密保護法だかのニュースをやっていたけど、その法案の意味が分かりづらいから、説明してもらいましょうと、文章の説明が始まった。
確かに分かりづらい。

こういうのって、その時代に合わせて書くってしないんですかね?
日本人が読んで分からない文章なら、せっかく書いて残しても意味がないし。大人が子供に説明出来ない文章っていうのもおかしいし。
話し言葉が時代とともに変わるように、書き言葉ももう少し早いスピードで一般日本人につい来てもらえないでしょうか?

よろしければ、一言どうぞ

【過去記事】こんな記事も・・・・・

やる事に無駄はない

今年の目標の一つに、一喜一憂しない。というのがある。毎日、どうしたって

大晦日

今日は大晦日。 「おおみそか」を漢字で書けと言われると、・・・・書けな

さくら

奇数日に必ずブログを書こうとしてますが、よく見ると抜けてますね。すっか

何でも前向きに!

嫌みも悪意もないお誘いは、安易に断らずに参加しよう! こちらの気分一つ

忙殺

ここのところ忙殺されて、やるべきことも出来なかった。 ふと気付くと日数

感謝

感謝と言う字を見ていて、ふとクエッション。「感じる」と言う字と「謝る」

言葉は生き物

もし、言葉に変化がなければ、今も平安時代の人達と同じ言葉を話し、文章も

Macのpages

今まではずっとwindowsを使っていて、小説を書く場合はWordを使

不完全な完璧さ

不完全な完璧さ。   不完全なとは、勿論完全ではないという意

慣れてしまえばLINEも同じ

電話があまり好きではない理由の一つが、楽しく話していたのに電話を切ると

判子と印鑑

判子を持ってきてください。 とか、 印鑑お願いします。 なんて、良く使

席巻・・・・せっけん

席巻 と書いて、「せっけん」と読むのよね・・・・。 知らなかった。。。