書けない言葉

言葉の端々

2013年12月15日

結構良く使う言葉なのに、書こうとすると、どんな字? と考える言葉がたくさん。パソコンで、キーボードを打てば、勝手に変換してくれるから、今ではほとんど字を書くことも無くなったためでしょうねぇ~。

ごく最近、書こうとして止まってしまったのが「言葉の端々」。「はしばし」ってどう書くんだっけ?

まさか「橋々」であるわけはなく。キーボードを叩くと「橋場氏」とか「羽柴氏」が出てくるけど、これは人の名前。「端々」しかないけど、「ことばのはしばし」って、言葉の端っこのことなのか? とクエッション。
普通、あんまり意味など考えて話したりはしないから、自分の感じているイメージで、言葉を使っている。ほとんどの人がそうだろうけど。

「言葉の端々」って、人と話をしている時に、その人の言葉づかいが気になったり、敵意を感じたりした時に、「言葉の端々に悪意を感じる」なんて感じで使ってました。
この「端々」は、「あちこちの部分」とか、「ちょっとした部分」という意味なのだそうで。端っこの部分を指しているのではなさそう。これを英語にすると「end-to-end」と言う言葉になる。あくまでも終わりとか、まるっきりの端っこって感じですね。イコール英語にするには、日本語が複雑すぎるんだとは思いますが。

よろしければ、一言どうぞ

【過去記事】こんな記事も・・・・・

自分への言葉

海外ドラマで「メンタリスト」というドラマがある。それを見ていたら。主人

ことばが繋ぐ人との輪

素通りするより、会釈して。 会釈だけより、微笑んで。 ほんの少し勇気を

言葉の伝達方法

昔は、漢字を速く書くために、草書体というものを創り出した。 良く、「達

刺激惹起性多能性獲得細胞

刺激惹起性多能性獲得細胞 まるで漢文。読もうと言う気もなくなる漢字の羅

石の上にも三年

石の上にも三年。これは、冷たい石の上でも三年も座っていれば暖まるだろう

英語でメールのやりとり

英会話を勉強しようとやってはいるけど、なかなか時間がとれなかったり、一

タブレットの普及で

スマートフォンの普及はかなりのものですが、年代を越えて重要があるのは、

言葉と宗教

この間、インドヨーロッパ語族のことについて読んでいたら、ちょっと目から

ひきこもごも

ソチ五輪も、もう終わり。すべての競技を見た訳ではなく、こんな競技もある

心を開いてみる

今日は久々に同業他社の方とお会いする事にあり。。。 普段はいないはずな

スタートさせる事

頭の中でいろいろ考える。あんなことも出来るかも・・・とか、こんなことも

さくら

奇数日に必ずブログを書こうとしてますが、よく見ると抜けてますね。すっか