ことば.comロゴことば.com

徒然

言葉は生き物

2013年10月15日

もし、言葉に変化がなければ、今も平安時代の人達と同じ言葉を話し、文章もきっと研究なんてしなくても読めるから、国語を習うだけで、古文も漢文も習う必要なないはず。
言葉は本当に生き物のように変化していく。数十年生きただけでも、使われなくなった言葉を思い出すことができるし、最近使うようになった言葉もある。
最近良く言われるのが、「ら抜き言葉」。「見られる」が今の所正しいと言われているけれど、「見れる」と言う人のほうが多いのではないかと思われる。

さらに言えば、「難しい」を「ムズい」と言うし、「恥ずかしい」を「ハズい」なんて言う。
これが、今後残っていく言葉なのかどうかは分からないけれど、言葉って、おそらく今までも同じように変化したり、戻ったりを繰り返しつつ、その時代その時代の日本語を作ってきたんでしょう。
どの時代も、若者言葉が言葉の変化に大きく貢献しているのでしょう。文字にする言葉より、話す言葉の方が先を行きますから。

いまどき、「かくのたまうは誰ぞ?」なんて聞き方しませんよね。「こんな風に聞くのは誰?」って事ですが。
吾輩は猫である。あまりにも有名ですが、今、自分の事を吾輩と呼ぶ人はいません。

中国から漢字が入ってきた頃は、大きく言葉も変わったのではないでしょうか?
現代の日本で外来語が普通に日本語として使われているのと同じような感じで。
タオルとかハンカチを、もともとの日本語で言おうなんて人はいないと思います。が、例えば、「ディテールが知りたい」なんて言うと、「詳しくはこちらを見てください」なんて、分かりやすく日本語で返事をしたりします。ディテールという(日本語英語の)言葉が、まだ浸透していないせいです。

とは言え、日本語英語の多いこの頃。英語を話す人たちには通じないアクセントだったりするのですが、英語を使うのがおしゃれだと思うのか、やたらと日本語英語で話す人はいますよね。どのくらい普及しているのか確認しつつ、話してもらいたいものです。

今後、どのように英語が日本語に入ってくるのか分かりませんが、今よりももっと利用する頻度が高くなる事は間違いないでしょう。で、後世、日本語の研究家が言う訳ですよ。この時代はアメリカとの関係もあり、日本語の中に英語の要素が多くなった時代だって。

よろしければ、一言どうぞ

【過去記事】こんな記事も・・・・・

不信感

不信感は、いつ生まれるのだろう?   何となく感じるようにな

気を紛らわす

こんな思いはしたくない・・・ と辛いときは、仕事が忙しい方がいい。 あ

ひきこもごも

ソチ五輪も、もう終わり。すべての競技を見た訳ではなく、こんな競技もある

初と始

「初めて」「始めて」 ?????   この違いは? &nbs

スタートしたら・・・・

スタートさせたら、順調に進められるのかと思いきや! いろいろ問題が・・

心が折れる

そう。心って折れます。ホントに。今年に入ってから、折れてばっかり。だか

メダルよりも欲しいモノ

ソチ五輪。女子フィギュアスケート。浅田真央選手は総合六位。 ショートプ

信じる力

自分でも笑えるのだけど、 「みんな頑張ってる!」 という言葉を信じて頑

サイト、創り中

ようやくサイトの形が整ってきました。と言っても、まだ途中。途中と言えば

判子と印鑑

判子を持ってきてください。 とか、 印鑑お願いします。 なんて、良く使

大切

「たいせつ」は、大きく切ると書いてます。自分にとって、或いは相手にとっ

不安

不安とは、安心できない事。安定しない事。ただ、安定しない事なら不安定と