徒然

日本語の起源

2013年10月13日

今、世界で主流なのが印欧語=インド・ヨーロッパ語族。
ヨーロッパ人は、文法なんかが殆ど同じなので、2~3ヶ国語を話せるのが普通らしい。一時期は(今もかな?)ドイツ語が話せると食いっぱぐれがないくらいの事を言われていたと思う。出来れば、ドイツ語かフランス語。
で、なぜ、日本人が外国語を話せないかと言えば、日本語の母音は五つしかないし、子音も少ないから、なかなか聞き取れない。特に、RとLの違いがないから、聴きとるのが難しい。勿論、慣れれば聞き取れるようになるけれど。ただ、今までは日本国内で英語が必要だった事もないから、聞き取れる前にやめてしまっている事が大半ですよね。

RとLが聞き取れない!

印欧語が生まれたのは、5~6000年ほど前と言われています。
人類の言葉は、約10万年前には生まれていて、5万年前に大きく発達したらしい。と言う事なら、印欧語なんてつい最近生まれた言葉って事になる。言うなれば新興宗教ならぬ新興言語。
ある方の説では、日本語が生まれたのは3万年ほど前。と言う事なら、印欧語より、日本語は古い!と言う事になる。今の印欧語が世界を席巻きする前から日本語はあったけれど、やはり極東!影響を受けにくかったって事は、大いにあり得ます。

日本語の生まれがどこなのかは、もう分からなくなってしまったけれど、「印欧語よりも古い言語の生き残り」と思えば、なんとなくひとりぼっち感も薄らぐような気がします。

【注意】いろんなモノを斜め読みし、自分なりの感想が入っているので、事実と異なる事は大いにあります。

よろしければ、一言どうぞ

【過去記事】こんな記事も・・・・・

大晦日

今日は大晦日。 「おおみそか」を漢字で書けと言われると、・・・・書けな

言葉と文字

言葉があれば必然と文字が生まれるのだろう・・・なんて勝手に思っていたけ

チャンスをもらったら。

チャンスをもらったら、必ず100%の力で手に入れる事! 時には手に余る

ことのは

「やまとうたは ひとのこころをたねとして よろずのことのはとぞなりける

文字は消えない

言葉が生まれてから、それを記憶するために。また、記録していくために使わ

「主」と「副」

時間があるからと、「主」ではなく「副」に力を注いで、気付いたら「主」が

書けない漢字の行方

一時期、パソコンの普及率が日本は低いと言われていたけれど、今はどうなん

Macのpages

今まではずっとwindowsを使っていて、小説を書く場合はWordを使

貪欲に

ほんの少し意識を変えると周りが変わるかも知れないと思った。どう意識を変

ことばのイメージ

外国語を聞くと、日本語とは勿論発音とか全然違うから、意味もわからないの

万感の思いを込めて

ソチ五輪。男子フィギュアスケート。高橋大輔選手最後の五輪は総合六位。

うまく行く時と、行かない時と

うまく行かないときは、誰かに頼りたくなったり、愚痴を言いたくなったり。