徒然

「Happy」が繋ぐ世界

2014年08月5日

ファレル・ウィリアムスの「Happy」が世界を繋いでる。

こんな事言うのは、可笑しいのかな?
光り輝く世界で
一息入れて。
僕は、熱気球みたいに空高く飛んでいける。
他の事なんか気にしない。

 

なぜって、僕は幸せだから。
突き抜けた気分なら、手を叩こう。
なぜって、僕は幸せだから。
幸せが本当だと感じられたら、手を叩こう。
なぜって、僕は幸せだから。
幸せがどんなものか分かったら、手を叩こう。
なぜって、僕は幸せだから。
自分のすべきことが分かったら、手を叩こう。

 

なんて感じの歌詞です。ちょっと意訳しすぎかな?

エルサレムからのHAPPYもあります。

ガザからも。

幸せは、共有できる出来るものではないんですかね?

よろしければ、一言どうぞ

【過去記事】こんな記事も・・・・・

心を開いてみる

今日は久々に同業他社の方とお会いする事にあり。。。 普段はいないはずな

「今」に感謝

とかく女はよく喋る! 女子会をすると、帰り際、いつも思う。いったい、い

お正月なので、初夢とか、将来の夢とか、「夢」という言葉を良く使うので、

言葉と文字

言葉があれば必然と文字が生まれるのだろう・・・なんて勝手に思っていたけ

人が信じられると。

人が信じられると、何が得られるかと言えば、 安心。 不思議だけど、落ち

覚悟

人にはいろんな覚悟が有る。 人と別れる覚悟だったり、突き進む覚悟だった

はじめてのことば

「ことば」と聞いて連想するもの・・・。 トップページに使っているバベル

適応能力

人が現在栄華を誇っているのは、強かったからではありません。 人は、虎の

タブレットの普及で

スマートフォンの普及はかなりのものですが、年代を越えて重要があるのは、

時には、無関係の人のことばも・・・

競合他社の人だけど、なぜかとてもいい人だな・・・・と思っていたら、今日

「聞く」と「聴く」

話しているときは問題なくても、いざ書こうとすると、どの字を使うのが正し

いつ、いかなる時も

いつ、いかなる時も、誰が来ても フットワーク軽く動けるようにしておくこ