徒然

上の空

2013年12月11日

文章を書くのに、いろいろと妄想していた時に、ふと、今、誰かに声をかけられたら、上の空で返事するんだろうな・・・と考えた。で、引っかかった。上の空? 「うわのそら」と読んで、「うえのそら」と書く。

それぞれを考えつつ、思いつくものと言えば、異様に高い空とか、空を見上げて・・・・ぼんやり・・・・。
よく分からないので、調べてみた。「心空なり」という言葉があるらしい。これは、「こころそらなり」と読むらしい。初めて聞いた言葉です。「空なる心」を強調するのに「上の空」が使われたとある。「こころそらなり」の意味を調べたら、「心が自分のからだから離れてしまったようだ。うわの空である」と書いてあるサイトがあった。これでは、「心空なり」と「上の空」は、同じ意味の言葉になってしまう。

「空なり」を調べてみた。「くうなり」で「それ自体には絶対的な実体がない」。
「そらなり」で、「心がうつろだ。上の空だ。」「いい加減だ。あてにならない。」などと出てくる。

出典古今集 恋五
「秋風は身を分けてしも吹かなくに人の心のそらになるらむ」
[訳] 秋風は人の体を中に分けいって吹くわけではないのに、あの人はどうして心がうつろになって冷たくなっているのだろう。

この内容を考えてみると、「うつろ」の部分を「空虚」、或いは、「空っぽ」と考えると、「くうなり」に通じるような気がする。「うつろ」も「空ろ」だから、結局意味は同じなんでしょう。

出典源氏物語 帚木
「『それ、しかあらじ』と、そらに、いかがは推し量り思ひくたさむ」
[訳] 「それは、そうではあるまい」と、いい加減に、どうして当て推量で軽べつするのであろうか。

こちらになると、「いい加減」という言葉が当てはめられているけれど、「そうじゃないと、何も考えずに、どうして当て推量で軽蔑するのだろう?」にすれば、「くうなり」に通じるように感じますよね。

で、最初に戻れました。何も考えていないような、空っぽな心を強調する「上の」を付ける事で、「空なる心」を強調したんだな・・・。

よろしければ、一言どうぞ

【過去記事】こんな記事も・・・・・

信頼

時間が経って、ある程度の信頼が築けると、無駄な事を言わなくても良くなる

満足とか不足とか・・なぜ、足?

寝不足だな・・・なんて思って、ふと疑問。 満足する時には、満ち足りる。

チャンスをもらったら。

チャンスをもらったら、必ず100%の力で手に入れる事! 時には手に余る

適応能力

人が現在栄華を誇っているのは、強かったからではありません。 人は、虎の

サイト、創り中

ようやくサイトの形が整ってきました。と言っても、まだ途中。途中と言えば

脳波をキャッチ! Google glass

昔からの夢が、自分の考えている事をそのまま画面に映し出してくれる機能。

言葉は生き物

もし、言葉に変化がなければ、今も平安時代の人達と同じ言葉を話し、文章も

「Happy」が繋ぐ世界

ファレル・ウィリアムスの「Happy」が世界を繋いでる。 こんな事言う

大切

「たいせつ」は、大きく切ると書いてます。自分にとって、或いは相手にとっ

一喜一憂しない。

一喜一憂しない。 一喜一憂して、自分の気持ちに振り回されていたら、とて

世間は狭い。   思いもかけない人と出会ったり、知り合った人

素敵な言葉

今日、初めてお会いした方ですが、いろいろ話をしました。 70代の方で、