日本、私たちの未来

日本、私たちの未来

2014年07月17日

日本国憲法
 第二章 戦争の放棄
   第九条 日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、
   武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。
   第二項 前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。
   国の交戦権は、これを認めない。

 

気付くと、日本はいつの間にか武器を輸出する国になっている。

日本では、武器、それから武器を製造する技術、それから武器に転用可能なモノの輸出は禁じられてきた。

日本の技術力は高く、転用されないために、企業が家電製品を海外へ持っていく事さえ書類の提出が大変で・・・なんて話を聞いた事がある。その、同じ日本が、いつの間にか武器を普通の商品と同じように・・というか、商品として輸出してしまう時代がやってきた。

 

日本の歴史を変えることを、憲法一つ変えずに今の政府は簡単に行ってしまっている。ただの解釈だけで。

日本の方向性は、もう去年とは180度変わってしまった。

普通の国になるために、憲法9条を捨てたいのであれば、ちゃんと国民投票すればいい。

集団的自衛権を行使すると言う事は、いろんな言葉でうやむやにせずに、他国で自衛隊員が戦闘中に死亡する覚悟が必要だと、国民に説明すればいい。

 

「戦争はしないと言っているではないですか。」

 

時の総理はそう言うけれど、解釈だけで集団的自衛権を行使すると決められるのであれば、集団的自衛権の行使を認めたら、今後の政府が再び解釈を変えることなど簡単に出来てしまう。

 

日本は再び戦争をする国となり、再び日本の国土が戦場になる可能性が高まったと、気付いているんでしょうか?

よろしければ、一言どうぞ

【過去記事】こんな記事も・・・・・

訃報

訃報は突然やってくる。長く会っていない人だと、驚きはするが、なかなか実

阿吽の呼吸

良く息のあった人たちのことを「阿吽の呼吸で・・・」なんて言い表すけど、

チャンスをもらったら。

チャンスをもらったら、必ず100%の力で手に入れる事! 時には手に余る

爽やか

驚いたことに「爽やか」は、俳句の世界では秋を表す季語。 てっきり、春先

忙殺

ここのところ忙殺されて、やるべきことも出来なかった。 ふと気付くと日数

上の空

文章を書くのに、いろいろと妄想していた時に、ふと、今、誰かに声をかけら

惰性

惰性を調べると、「これまでの習慣や勢い」と出てくる。なぜ調べたかと言う

2月

2月と言えば、今年はオリンピック。もう間もなく本番です! 2月ですが、

何となく歌を聞いていたら、「息も止まるほど・・・・」なんて歌詞が聞こえ

以心伝心

なんと!年始に奇数日アップを目指す!なんて言っていたのに、気がつけば・

「今」に感謝

とかく女はよく喋る! 女子会をすると、帰り際、いつも思う。いったい、い

頑張れば!

ひとりぽっちで寂しくても、頑張っていれば ここってとこで助けてくれる人