ことば.comロゴことば.com

徒然

刺激惹起性多能性獲得細胞

2014年04月9日

刺激惹起性多能性獲得細胞

まるで漢文。読もうと言う気もなくなる漢字の羅列。これ、今、世間の注目を集めているスタップ細胞の事です。
英語だと「Stimulus-Triggered Acquisition of Pluripotency cells」。
英語も読めないけど、英語を略してSTAP細胞と読んでくれて、それが何かを説明してくれた方が、漢字を読むより簡単そうに感じるのは、私だけ?

というか、日本語があった事の方が不思議だったけど。

巷では大騒ぎの刺激惹起性多能性獲得細胞。

論文の書き方がどうこうとか、改ざんがどうこうとか、科学者ではない私には、結構どうでもいい話。どうでもいい・・・と言うのは言い過ぎか・・・・。小説なんかでも盗作なんて論外の話しだし。ただ、小保方さんは科学者なのだから、今後、論文の書き方を教えてあげればいいじゃないの!と思ったりして。

小保方さん一人が悪者にされて可哀想と思うのは、彼女が女性で、若いからでしょうか? 可愛いし。まぁ、その話は置いといて。

何よりも、何よりも、気になるのは、STAP細胞は本当に存在するのか? って事でしょう! 殆どの一般人が気にかけているのは、そこの所ですよね!
夢で終わってしまうのか? 発見まで、まだ時間がかかるのか? 永久に発見できないのか?

存在するなら、出て来てほしいですね★

よろしければ、一言どうぞ

【過去記事】こんな記事も・・・・・

何となく歌を聞いていたら、「息も止まるほど・・・・」なんて歌詞が聞こえ

ことばの語源

「ことば」って、「言」+「葉」からきていると思っていたら、意外と違って

変化に対応する

年末年始、いつもと違う雰囲気に戸惑って、結果は散々。 今日は、いつもと

困った時は・・・・

困った時は、なりふり構わず行動する! 心底、こうしたいから、こうして欲

冒険

冒険と言うと、文字通り危険を冒すってことですが、子供の頃は来県は無くて

文字は消えない

言葉が生まれてから、それを記憶するために。また、記録していくために使わ

人称代名詞

ある本を読んでいて、人称代名詞は日本語にはない!といったような事が書か

「Happy」が繋ぐ世界

ファレル・ウィリアムスの「Happy」が世界を繋いでる。 こんな事言う

日本語の起源

今、世界で主流なのが印欧語=インド・ヨーロッパ語族。ヨーロッパ人は、文

自分が納得できるように

例えば、自分には合わないな・・・と思いながらやっている仕事。 合わない

「今」に感謝

とかく女はよく喋る! 女子会をすると、帰り際、いつも思う。いったい、い

気を紛らわす

こんな思いはしたくない・・・ と辛いときは、仕事が忙しい方がいい。 あ