今日の教訓

調子にのってはいけない

2014年08月23日

繊細な関係を保とうとする場合、相手と予想以上の会話が出来たからといって、
調子にのっては、あれやこれやと自分勝手な話題を振らないこと。

お互いに踏み込みすぎたと、引いてしまわれては、今後の関係が保てなくなる。

 

こっぴどい仕打ちは、今だとLINEの既読のみでコメントなし。

 

大人なんで、一言くらいコメントあってもいいのに・・・とは思うけれども。

よろしければ、一言どうぞ

【過去記事】こんな記事も・・・・・

311

無情にも時間は過ぎていく物だと実感するのは、今日のような日なのかもしれ

「主」と「副」

時間があるからと、「主」ではなく「副」に力を注いで、気付いたら「主」が

刺激惹起性多能性獲得細胞

刺激惹起性多能性獲得細胞 まるで漢文。読もうと言う気もなくなる漢字の羅

英会話ってこんな感じ。

最近英会話の勉強をしていて、スピードにはついていけるようになったような

竹に合う。。。で、答え。 なんで竹冠なんでしょう?   「合

万感の思いを込めて

ソチ五輪。男子フィギュアスケート。高橋大輔選手最後の五輪は総合六位。

雨、あめ、飴、編め・・・

雨、あめ、天、飴、編め・・・・ 日本語は同音異義語が多いので、こういう

チャンスをもらったら。

チャンスをもらったら、必ず100%の力で手に入れる事! 時には手に余る

憂:国土強靭化計画

国土強靱化計画は、田中化角栄の日本列島大改造を思い出す。 最近、以前中

言葉って難しい

ある日、量販店での会話。 お客さん「DVDってどこ?」 店員さん「DV

惰性

惰性を調べると、「これまでの習慣や勢い」と出てくる。なぜ調べたかと言う

不信感

不信感は、いつ生まれるのだろう?   何となく感じるようにな