ことば.comロゴことば.com

徒然

石の上にも三年

2014年02月5日

石の上にも三年。これは、冷たい石の上でも三年も座っていれば暖まるだろうと言った意味合いですが、苦しくても辛抱すれば報われる。
また、忍耐強くあれ! みたいな事です。

三年というのは、長いんだぞ!という事。ちなみに800は多いことに使われます。八百万の神とか。実際には八百万の神様はいませんが、たくさんいるんだぞ!って事で使われます。

三年ですが、結構きりのいい年数ですよね。中学や高校も三年だし。
何かを始めたら、モノになるのに最低三年くらいはかかるような気がするし。私だけですかね? まぁ、そんな風に感じているのは事実で、それもあって、今年のテーマは「飛躍」です。
目的があってやり始めた事も三年が終わろうとしています。ゼロからのスタートだし、うまく行く事も、勿論行かない事も。どっちを向いているのかも分からない時もありましたが、結局何をやっていても、目的に向かってやっているという事が最近良くわかりました。やって来た一つ一つを見ると、目指している物とは違うんじゃない?なんて感じる事もあるけど、俯瞰してみると、全体の進む道はちゃんと一つの所に繋がってる訳です。

例えば、歌手の仕事は歌を歌う事ですが、歌うだけではなくて、コンサートをやり遂げる体力作りも必要だし、声を出すのに腹筋だって必要。それに歌うための技術とか。

そんな感じで、この三年は、歌手として歌を歌うための土台造りをして来たような気がする。
去年の終わりに、何となく、やるべき事は十分やって来たから、次の段階へ進もうと思えた。勿論手を抜いていいという事ではなくて、やり続ける必要のある物はちゃんとやり続けて。腹筋をやめたら声が出なくなるのと同じ。
どんな風にジャンプできるのか分からないけど、ポン!っと地面を蹴飛ばして、ちょっと高めの一段にジャンプしたい。
今年は必ず飛躍の時だから!

よろしければ、一言どうぞ

【過去記事】こんな記事も・・・・・

万感の思いを込めて

ソチ五輪。男子フィギュアスケート。高橋大輔選手最後の五輪は総合六位。

ことばが繋ぐ人との輪

素通りするより、会釈して。 会釈だけより、微笑んで。 ほんの少し勇気を

311

無情にも時間は過ぎていく物だと実感するのは、今日のような日なのかもしれ

年賀

そろそろ年賀状を考える季節になりました。 年賀って何も考えずに使ってい

日本語の面白いところ

日本語と言うか、漢字も含めて・・・と言う事になりますが。 まず、漢字に

「Happy」が繋ぐ世界

ファレル・ウィリアムスの「Happy」が世界を繋いでる。 こんな事言う

影響を受ける

子供の頃から詩を書きためたノート群から一冊を取り出して読んだりすると、

原点

いつものようにやっているつもりなのに、何かおかしい・・・とか、上手くい

忘れるために

出来れば、そうだな。 悲しさとか、つらさは、心の中にしまいこんで 出会

はじめてのことば

「ことば」と聞いて連想するもの・・・。 トップページに使っているバベル

調子にのってはいけない

繊細な関係を保とうとする場合、相手と予想以上の会話が出来たからといって

日本語の起源

今、世界で主流なのが印欧語=インド・ヨーロッパ語族。ヨーロッパ人は、文