ことば.comロゴことば.com

徒然

お彼岸

2014年03月21日

お彼岸と言えば先祖を供養する事を考えます。
でも元々お彼岸と言うのは、今現在生きている此の岸から修行により煩悩に例えられる川を渡った彼方の岸を指しているようです。
春分は、東から太陽が昇り、西に沈む、その西の彼方に極楽浄土があると考えられていて、此の生が終わった後、極楽浄土へ生まれ変われるようにと願ったと考えられています。

そんな事から、現在は、極楽浄土にいるはずの先祖を思い、供養する行事になったようです

いつの時代も、死んだ後の事に思いを馳せます。前世や来世が本当にあれば、人生に対する考え方もきっと大きく違ってくるのでしょうね。

よろしければ、一言どうぞ

【過去記事】こんな記事も・・・・・

ことのは

「やまとうたは ひとのこころをたねとして よろずのことのはとぞなりける

勘違いのネアンデルタール人

「はじめてのことば」で、ネアンデルタール人の咽喉の構造がホモサピエンス

何事もおろそかにしない

ここ数カ月、取り組んでいる事。   どうしても、自分に直接関

慣れてしまえばLINEも同じ

電話があまり好きではない理由の一つが、楽しく話していたのに電話を切ると

やる事に無駄はない

今年の目標の一つに、一喜一憂しない。というのがある。毎日、どうしたって

ひきこもごも

ソチ五輪も、もう終わり。すべての競技を見た訳ではなく、こんな競技もある

阿吽の呼吸

良く息のあった人たちのことを「阿吽の呼吸で・・・」なんて言い表すけど、

落ち込んだら・・・

落ち込むと、なんとか這い上がろうともがくのだけど、なかなか這い上がれな

自分の性格と付き合う

「自分の性格だから、付き合っていかないといけない」 これ、なかなか深い

年賀

そろそろ年賀状を考える季節になりました。 年賀って何も考えずに使ってい

スタートしたら・・・・

スタートさせたら、順調に進められるのかと思いきや! いろいろ問題が・・

サイト、創り中

ようやくサイトの形が整ってきました。と言っても、まだ途中。途中と言えば