ことば.comロゴことば.com

徒然

お彼岸

2014年03月21日

お彼岸と言えば先祖を供養する事を考えます。
でも元々お彼岸と言うのは、今現在生きている此の岸から修行により煩悩に例えられる川を渡った彼方の岸を指しているようです。
春分は、東から太陽が昇り、西に沈む、その西の彼方に極楽浄土があると考えられていて、此の生が終わった後、極楽浄土へ生まれ変われるようにと願ったと考えられています。

そんな事から、現在は、極楽浄土にいるはずの先祖を思い、供養する行事になったようです

いつの時代も、死んだ後の事に思いを馳せます。前世や来世が本当にあれば、人生に対する考え方もきっと大きく違ってくるのでしょうね。

よろしければ、一言どうぞ

【過去記事】こんな記事も・・・・・

スーパームーン

二か月続けてのスーパームーン! スーパームーンは、月が一番地球に近づい

はじめてのことば

「ことば」と聞いて連想するもの・・・。 トップページに使っているバベル

言葉の伝達方法

昔は、漢字を速く書くために、草書体というものを創り出した。 良く、「達

大人になるってことは?

30歳を過ぎる頃からか、人って成長しない生き物だと実感したのは。 人を

阿吽の呼吸

良く息のあった人たちのことを「阿吽の呼吸で・・・」なんて言い表すけど、

「早い」と「速い」

書こうとして、ふと「どっち?」と思う字に「早い」と「速い」があります。

全然

「全然」 この言葉、私が子供の頃は、否定的に使う言葉でした。 ・全然知

挨拶

朝、人に会った時、「おはようございます」の挨拶をするけれど、こちらから

上の空

文章を書くのに、いろいろと妄想していた時に、ふと、今、誰かに声をかけら

今年の目標

もう一ヶ月も経って遅いのですが、今日、意外にも今年の目標を書く機会があ

大晦日

今日は大晦日。 「おおみそか」を漢字で書けと言われると、・・・・書けな

波瀾

ニュースを聞いていて、「波瀾」という言葉が妙にひっかかりました。 「波