ことば.comロゴことば.com

徒然

お彼岸

2014年03月21日

お彼岸と言えば先祖を供養する事を考えます。
でも元々お彼岸と言うのは、今現在生きている此の岸から修行により煩悩に例えられる川を渡った彼方の岸を指しているようです。
春分は、東から太陽が昇り、西に沈む、その西の彼方に極楽浄土があると考えられていて、此の生が終わった後、極楽浄土へ生まれ変われるようにと願ったと考えられています。

そんな事から、現在は、極楽浄土にいるはずの先祖を思い、供養する行事になったようです

いつの時代も、死んだ後の事に思いを馳せます。前世や来世が本当にあれば、人生に対する考え方もきっと大きく違ってくるのでしょうね。

よろしければ、一言どうぞ

【過去記事】こんな記事も・・・・・

満足とか不足とか・・なぜ、足?

寝不足だな・・・なんて思って、ふと疑問。 満足する時には、満ち足りる。

愚痴を言う

同業者も同僚もいない所で仕事をすると、ある意味気楽だけれど、情報から取

信じる力 -恋愛編-

まず、自分が相手を好きだという前提で。 相手の事が好きだという思いに嘘

311

無情にも時間は過ぎていく物だと実感するのは、今日のような日なのかもしれ

信じる力

自分でも笑えるのだけど、 「みんな頑張ってる!」 という言葉を信じて頑

さくら

奇数日に必ずブログを書こうとしてますが、よく見ると抜けてますね。すっか

ことばの不思議

言葉が生まれたのは、いつなのかな?と考えると、猿から人間へ変わった時っ

詩とメロディー

詩は、それだけで力のあるもの 何かがあった時 何かが起こった時 もしか

責任を持つ姿勢

もともと無理なお願いをしていたにみ関わらず、出来なくて申し訳ないと謝っ

流石

ある時メールに「流石ですね」と書かれていた事があり、私は「リュウセキ」

お正月なので、初夢とか、将来の夢とか、「夢」という言葉を良く使うので、

集団的自衛権は必要?

集団的自衛権は、国際的に認められた国が持てる権利。 今まで持たなかった