徒然

ことばの語源

2013年10月3日

「ことば」って、「言」+「葉」からきていると思っていたら、意外と違って、「言」+「端」なのだそうです。
「モノを伝える」、或いは「何かを言う」と言う事は、相手に対して事実を伝えるという大切な行為ではありますが、それよりももっと軽い意味を持たせるために「端」という字をくっつけたのではないかと言われています。もしかすると今で言う冗談を言う事なんかが、その当時は当てはまったのかもしれませんね。

「言葉」「言羽」「辞」の三種類が使われていた時代もあったようですが、今、「言葉」という字になったのは、「葉」にはたくさんの意味や豊かさを現す意味があるからだそうです。(語源由来辞典より)

「言羽」という字に惹かれます。Caran Colonで使われている詩を考えると、「言羽」と言う字がふさわしいように思われるので。

鐘の音は始り。
鐘の音は終着。
鐘の音は遥か彼方に鳴り響き
鐘の音はいつか
あなたの処へ舞い降りる。

ずっしりとした感じではなっくて、ふわふわ漂って、ふと気づいてくれた人の心に羽がそっと舞い降りるって感じ。詩になっているのは、鐘の音ではありますが。

よろしければ、一言どうぞ

【過去記事】こんな記事も・・・・・

埋まらない五十音

韓国語を少しだけかじった事があります。たまたま韓国から来ていた人と知り

英会話ってこんな感じ。

最近英会話の勉強をしていて、スピードにはついていけるようになったような

予定は未定

予定は未定とは、うまい言い方だな・・・・としみじみ。 私の場合、予定は

自分の性格と付き合う

「自分の性格だから、付き合っていかないといけない」 これ、なかなか深い

思うよりも人って

人の言葉で傷ついたり、それで泣いたり。 他人の不用意な言葉に、結構傷つ

落ち込んだら・・・・

落ち込んだら、なるべく相手にマイナスな部分が伝わらないようにしながら(

大晦日

今日は大晦日。 「おおみそか」を漢字で書けと言われると、・・・・書けな

集団的自衛権は必要?

集団的自衛権は、国際的に認められた国が持てる権利。 今まで持たなかった

覚悟

人にはいろんな覚悟が有る。 人と別れる覚悟だったり、突き進む覚悟だった

2月

2月と言えば、今年はオリンピック。もう間もなく本番です! 2月ですが、

満足とか不足とか・・なぜ、足?

寝不足だな・・・なんて思って、ふと疑問。 満足する時には、満ち足りる。

人称代名詞

ある本を読んでいて、人称代名詞は日本語にはない!といったような事が書か