漢字の意味

大晦日

2013年12月31日

今日は大晦日。

「おおみそか」を漢字で書けと言われると、・・・・書けない。変換させると、この字だと分かる程度の漢字。簡単な字なんですけどね。

「おおみそか」は、「大きい晦日(みそか)」で、晦日は、三十日のこと。月の最後の日をさす言葉で、年の終わりの最後の日なので「大」と言う字を当ててるんでしょう。

「晦」という字は、月のでない暗い夜を意味しています。現在は太陽暦を使っていますが、太陰暦を使っていた頃は、月末は月の出ていない日になります。このことから転じて、「有り得ない事」といった意味もあります。月末に月が出ているなんて有り得ないってことですね。

「晦日」と書いて「つごもり」とも読みますが、これは「月籠り(つきこもり)」からで、月が籠って出ていない状態を言います。

よろしければ、一言どうぞ

【過去記事】こんな記事も・・・・・

ことのは

「やまとうたは ひとのこころをたねとして よろずのことのはとぞなりける

日本語未解読?

時々古代の研究をしている人たちが、この文字はまだ解読できていません。と

自分が納得できるように

例えば、自分には合わないな・・・と思いながらやっている仕事。 合わない

人が信じられると。

人が信じられると、何が得られるかと言えば、 安心。 不思議だけど、落ち

感謝することしか出来ない時

自分にとっては、結構笑えるミスでも、相手にとっては笑えないミスがある。

万感の思いを込めて

ソチ五輪。男子フィギュアスケート。高橋大輔選手最後の五輪は総合六位。

習慣

とりとめもなく言葉が書きたくなったら、とりあえず、心の中に閉じこもって

ことばが繋ぐ人との輪

素通りするより、会釈して。 会釈だけより、微笑んで。 ほんの少し勇気を

爽やか

驚いたことに「爽やか」は、俳句の世界では秋を表す季語。 てっきり、春先

脳波をキャッチ! Google glass

昔からの夢が、自分の考えている事をそのまま画面に映し出してくれる機能。

出会いって何だろう?

新しい場所へ行くと、どんな人と出会えるのかちょっとワクワク。 素敵な人

うだつ

「うだつがあがらない」なんて、意味も知らずに、でも、使い方は正しくだれ