ことば.comロゴことば.com

徒然

勘違いのネアンデルタール人

2013年11月1日

「はじめてのことば」で、ネアンデルタール人の咽喉の構造がホモサピエンスと違ったために滅んでしまった・・・みたいな事を書いたのですが、この説は既に古かったんですね。。。。。。ホモサピエンスと同じくらいに話す能力は持っていた!と言うのが、最近の通説らしいです。さらに人類の祖先と異種交配していたとも考えられているそうです。

約6万年前、アフリカを出た人類の祖先は、すでにヨーロッパにいたネアンデルタール人と出会い、交配したというとなのですが、現在ではネアンデルタール人は絶滅したことになっています。素人考えですが、融合したってことはないんでしょうかね?
それと思うんですが、人類の祖先とネアンデルタール人が出会った時、種が違うなんて思ったり・・・きっとしないでしょうね?

少し前までは、ネアンデルタール人と言えば、野蛮で粗野なイメージでしたけど、今では、ホモサピエンスを殆ど変わらない種だったようだと考えられています。
一時期はホモサピエンスと共に生きたネアンデルタール人は、いったいなぜ滅んでしまったのでしょう?

共に生きていたのであれば、生き残るための知恵も共有していたと思うのですが。
歴史の中で生き残るということは、現代の私たちが思うほど簡単な事では無かったのでしょう。

サイトのテーマとはかなり違った内容ですが、喉の構造が違ったことが原因で絶滅してしまったと思っていたネアンデルタール人が、人類とそう変わらない生き方をしていたと知って、訂正の意味も込めて書いてみました。
彼らの信じていた宗教や死生観、人との交流なんかが理解できればいいな・・・・なんて、今では思っています。

よろしければ、一言どうぞ

【過去記事】こんな記事も・・・・・

困った時は・・・・

困った時は、なりふり構わず行動する! 心底、こうしたいから、こうして欲

忙殺

ここのところ忙殺されて、やるべきことも出来なかった。 ふと気付くと日数

貪欲に

ほんの少し意識を変えると周りが変わるかも知れないと思った。どう意識を変

言葉を交わす

一人で仕事をしていると、勿論はかどる事もあれば、誰かの顔色をうかがう必

日本、私たちの未来

日本国憲法 第二章 戦争の放棄 第九条 日本国民は、正義と秩序を基調と

今年の目標

もう一ヶ月も経って遅いのですが、今日、意外にも今年の目標を書く機会があ

言葉と文字

言葉があれば必然と文字が生まれるのだろう・・・なんて勝手に思っていたけ

言葉の伝達方法

昔は、漢字を速く書くために、草書体というものを創り出した。 良く、「達

全然

「全然」 この言葉、私が子供の頃は、否定的に使う言葉でした。 ・全然知

満足とか不足とか・・なぜ、足?

寝不足だな・・・なんて思って、ふと疑問。 満足する時には、満ち足りる。

不完全な完璧さ

不完全な完璧さ。   不完全なとは、勿論完全ではないという意

チャンスは創り出すもの

  良く言われるし、当たり前のことだけど、諦めたら終わり。