ことば.comロゴことば.com

徒然

勘違いのネアンデルタール人

2013年11月1日

「はじめてのことば」で、ネアンデルタール人の咽喉の構造がホモサピエンスと違ったために滅んでしまった・・・みたいな事を書いたのですが、この説は既に古かったんですね。。。。。。ホモサピエンスと同じくらいに話す能力は持っていた!と言うのが、最近の通説らしいです。さらに人類の祖先と異種交配していたとも考えられているそうです。

約6万年前、アフリカを出た人類の祖先は、すでにヨーロッパにいたネアンデルタール人と出会い、交配したというとなのですが、現在ではネアンデルタール人は絶滅したことになっています。素人考えですが、融合したってことはないんでしょうかね?
それと思うんですが、人類の祖先とネアンデルタール人が出会った時、種が違うなんて思ったり・・・きっとしないでしょうね?

少し前までは、ネアンデルタール人と言えば、野蛮で粗野なイメージでしたけど、今では、ホモサピエンスを殆ど変わらない種だったようだと考えられています。
一時期はホモサピエンスと共に生きたネアンデルタール人は、いったいなぜ滅んでしまったのでしょう?

共に生きていたのであれば、生き残るための知恵も共有していたと思うのですが。
歴史の中で生き残るということは、現代の私たちが思うほど簡単な事では無かったのでしょう。

サイトのテーマとはかなり違った内容ですが、喉の構造が違ったことが原因で絶滅してしまったと思っていたネアンデルタール人が、人類とそう変わらない生き方をしていたと知って、訂正の意味も込めて書いてみました。
彼らの信じていた宗教や死生観、人との交流なんかが理解できればいいな・・・・なんて、今では思っています。

よろしければ、一言どうぞ

【過去記事】こんな記事も・・・・・

感謝することしか出来ない時

自分にとっては、結構笑えるミスでも、相手にとっては笑えないミスがある。

言葉を交わす

一人で仕事をしていると、勿論はかどる事もあれば、誰かの顔色をうかがう必

何でも前向きに!

嫌みも悪意もないお誘いは、安易に断らずに参加しよう! こちらの気分一つ

思いを形に

生きていると、こんな事がしたい。あんな事がしたい・・・といろいろ思い描

一匹は一匹

一人でもがくより、二人がかり。二人がかりの大きな結果のはずが、驚きの結

日本語未解読?

時々古代の研究をしている人たちが、この文字はまだ解読できていません。と

貪欲に

ほんの少し意識を変えると周りが変わるかも知れないと思った。どう意識を変

不完全な完璧さ

不完全な完璧さ。   不完全なとは、勿論完全ではないという意

やる事に無駄はない

今年の目標の一つに、一喜一憂しない。というのがある。毎日、どうしたって

人任せはよくない!

待ってはいけない。 なんなら、相手を待たせなさい。 人の助けを期待して

ことのは

「やまとうたは ひとのこころをたねとして よろずのことのはとぞなりける

自分が納得できるように

例えば、自分には合わないな・・・と思いながらやっている仕事。 合わない