今日の教訓

感謝することしか出来ない時

2013年10月31日

自分にとっては、結構笑えるミスでも、相手にとっては笑えないミスがある。

お客様に、自分のミスと会社の都合でご足労をおかけすることになったら、これ以上のミスってないのではないかと思うくらいに落ち込む。で、落ち込んでばかりではなくて、お客様に説明もしないといけないし、納得もしてもらわければならない。

自分のミスを自分でどうにか出来るのなら笑っていてもいいけど、自分だけではどうしようもない時、同僚も巻き込むし、やってはいけないお客様まで巻き込んでしまう。怒鳴りつけられても文句も言えない状況なのに、私を見つけると微笑んでくださったその方には、感謝することしかできないのだと、痛感する。

よろしければ、一言どうぞ

【過去記事】こんな記事も・・・・・

311

無情にも時間は過ぎていく物だと実感するのは、今日のような日なのかもしれ

今日が終われば、また明日じゃん!

「今日が終われば、また明日じゃん!」 これ、名言! と思います。 なか

適応能力

人が現在栄華を誇っているのは、強かったからではありません。 人は、虎の

チャンスをもらったら。

チャンスをもらったら、必ず100%の力で手に入れる事! 時には手に余る

落ち込んだら・・・

落ち込むと、なんとか這い上がろうともがくのだけど、なかなか這い上がれな

不安

不安とは、安心できない事。安定しない事。ただ、安定しない事なら不安定と

言葉と宗教

この間、インドヨーロッパ語族のことについて読んでいたら、ちょっと目から

自分の性格と付き合う

「自分の性格だから、付き合っていかないといけない」 これ、なかなか深い

自分が納得できるように

例えば、自分には合わないな・・・と思いながらやっている仕事。 合わない

雨、あめ、飴、編め・・・

雨、あめ、天、飴、編め・・・・ 日本語は同音異義語が多いので、こういう

「止」に「少」を書いて「歩く」。   歩き続けるのもいいけど

一匹は一匹

一人でもがくより、二人がかり。二人がかりの大きな結果のはずが、驚きの結