徒然

漢字で国名

2013年11月27日

今日、向きが逆になっていたからという事もあってん、「米B52が防空識別圏を飛行・・・」を「コメ、B52が・・・・」と読んでしまい、へ?という事に。お米が爆撃機と一緒に並ぶ事など無いから、アメリカだと分かるけれど、こういう事って、時々起こる。

「仏教育委員会・・・」なんてあると、これは決して「ぶっきょう」とは読まない。

日本には、カタカナという便利なものがあって、明治のくらいまでは何でも漢字にしてしまっていたのだろうけど、今は外国の言葉はすべてカタカナで書けばOK! が、新聞の見出しとか、短くて分かりやすいタイトルを・・・なんて事になると、米とか仏とかが便利。
国名を漢字で表すのは、今は数カ国になってしまったけれど(すべての国を漢字で書かれても困るけど)、ちょっと調べてみた。

アメリカは、亜米利加。多分、亜はアジアに使われていたから、略した時に「米」にしたんでしょう。(確証はありません)
可愛らしいのがアイルランド。愛蘭土。「ル」はどこいったんだ? って感じですが、可愛らしい。
アラブ首長国連邦は、亜剌比亜首長国連邦。これ、アラビアシュチョウコクレンポウですね。
分かりやすいのが、インドは印度。オランダは阿蘭陀。これだと「アランダ」に読めるけど、よく見る「和蘭陀」だとワランダ。でも、辞書を見ると音読みに「オ」があります。いつ「オ」と読んでるのか教えてほしい。
イタリアも分かりやすい。伊太利亜。
トルコは土耳古。トルクメニスタンは土耳古斯坦。いろんな読み方があるのをいいことに、同じ字でも読み方はいろいろ。
「象牙海岸」なんて、絶対「ぞうげかいがん」と読んでしまう。実はコートジボワールです。
ヤバそうなのが、「諳喀剌」でアンゴラ。「伊拉久」はイラク。使う字は考えないと・・ですね。

夏にビールが美味しそうな「夏麦論」はカメルーン。絶対読めない「塞舌爾」はセーシェル。答えが分かっても読めない「塞舌爾」。
「新西伊蘭土」はニュージーランド。「巴布亜新几内亜」はパプアニューギニア。ニューに「新」を当てているのが可笑しい。

こんな感じで、国名に漢字を当てていた時代の、漢字表記の一部でした。

よろしければ、一言どうぞ

【過去記事】こんな記事も・・・・・

自分の性格と付き合う

「自分の性格だから、付き合っていかないといけない」 これ、なかなか深い

「Happy」が繋ぐ世界

ファレル・ウィリアムスの「Happy」が世界を繋いでる。 こんな事言う

万感の思いを込めて

ソチ五輪。男子フィギュアスケート。高橋大輔選手最後の五輪は総合六位。

日本語未解読?

時々古代の研究をしている人たちが、この文字はまだ解読できていません。と

大切

「たいせつ」は、大きく切ると書いてます。自分にとって、或いは相手にとっ

スタートしたら・・・・

スタートさせたら、順調に進められるのかと思いきや! いろいろ問題が・・

ことばのイメージ

外国語を聞くと、日本語とは勿論発音とか全然違うから、意味もわからないの

不信感

不信感は、いつ生まれるのだろう?   何となく感じるようにな

落ち込んだら・・・

落ち込むと、なんとか這い上がろうともがくのだけど、なかなか這い上がれな

信じる力

自分でも笑えるのだけど、 「みんな頑張ってる!」 という言葉を信じて頑

勘違いのネアンデルタール人

「はじめてのことば」で、ネアンデルタール人の咽喉の構造がホモサピエンス

心を開いてみる

今日は久々に同業他社の方とお会いする事にあり。。。 普段はいないはずな