ことば.comロゴことば.com

徒然

漢字で国名

2013年11月27日

今日、向きが逆になっていたからという事もあってん、「米B52が防空識別圏を飛行・・・」を「コメ、B52が・・・・」と読んでしまい、へ?という事に。お米が爆撃機と一緒に並ぶ事など無いから、アメリカだと分かるけれど、こういう事って、時々起こる。

「仏教育委員会・・・」なんてあると、これは決して「ぶっきょう」とは読まない。

日本には、カタカナという便利なものがあって、明治のくらいまでは何でも漢字にしてしまっていたのだろうけど、今は外国の言葉はすべてカタカナで書けばOK! が、新聞の見出しとか、短くて分かりやすいタイトルを・・・なんて事になると、米とか仏とかが便利。
国名を漢字で表すのは、今は数カ国になってしまったけれど(すべての国を漢字で書かれても困るけど)、ちょっと調べてみた。

アメリカは、亜米利加。多分、亜はアジアに使われていたから、略した時に「米」にしたんでしょう。(確証はありません)
可愛らしいのがアイルランド。愛蘭土。「ル」はどこいったんだ? って感じですが、可愛らしい。
アラブ首長国連邦は、亜剌比亜首長国連邦。これ、アラビアシュチョウコクレンポウですね。
分かりやすいのが、インドは印度。オランダは阿蘭陀。これだと「アランダ」に読めるけど、よく見る「和蘭陀」だとワランダ。でも、辞書を見ると音読みに「オ」があります。いつ「オ」と読んでるのか教えてほしい。
イタリアも分かりやすい。伊太利亜。
トルコは土耳古。トルクメニスタンは土耳古斯坦。いろんな読み方があるのをいいことに、同じ字でも読み方はいろいろ。
「象牙海岸」なんて、絶対「ぞうげかいがん」と読んでしまう。実はコートジボワールです。
ヤバそうなのが、「諳喀剌」でアンゴラ。「伊拉久」はイラク。使う字は考えないと・・ですね。

夏にビールが美味しそうな「夏麦論」はカメルーン。絶対読めない「塞舌爾」はセーシェル。答えが分かっても読めない「塞舌爾」。
「新西伊蘭土」はニュージーランド。「巴布亜新几内亜」はパプアニューギニア。ニューに「新」を当てているのが可笑しい。

こんな感じで、国名に漢字を当てていた時代の、漢字表記の一部でした。

よろしければ、一言どうぞ

【過去記事】こんな記事も・・・・・

うまく行く時と、行かない時と

うまく行かないときは、誰かに頼りたくなったり、愚痴を言いたくなったり。

不安

不安とは、安心できない事。安定しない事。ただ、安定しない事なら不安定と

一喜一憂しない。

一喜一憂しない。 一喜一憂して、自分の気持ちに振り回されていたら、とて

サイト、創り中

ようやくサイトの形が整ってきました。と言っても、まだ途中。途中と言えば

チャンスをもらったら。

チャンスをもらったら、必ず100%の力で手に入れる事! 時には手に余る

日本語の面白いところ

日本語と言うか、漢字も含めて・・・と言う事になりますが。 まず、漢字に

適応能力

人が現在栄華を誇っているのは、強かったからではありません。 人は、虎の

スーパームーン

二か月続けてのスーパームーン! スーパームーンは、月が一番地球に近づい

習慣

とりとめもなく言葉が書きたくなったら、とりあえず、心の中に閉じこもって

言葉は生き物

もし、言葉に変化がなければ、今も平安時代の人達と同じ言葉を話し、文章も

受け入れる

嫌な事も、受け入れる度量が必要! それが、今自分に与えられた試練だから

困った時は・・・・

困った時は、なりふり構わず行動する! 心底、こうしたいから、こうして欲