ことば.comロゴことば.com

徒然

書けない漢字の行方

2014年03月27日

一時期、パソコンの普及率が日本は低いと言われていたけれど、今はどうなんでしょうね?で。パソコンやスマホが普及して起こるのが、やはり難しい漢字がどうなるのか・・という問題。
「ばら」と打てば、「薔薇」と変換してくれるけど、この字を真似して書こうとは思わない。そう! 最近では、漢字を調べるのもパソコンだったりスマホだったり。画数の多い漢字は、結構どんな字が使われているのかはっきり分からなかったりして(*^_^*)
だから、やはり、書く時は「バラ」
と片仮名になるでしょう。私の場合は。”私”は、一般的な人間なのっで、私がそうなるってことは、他の人たちもそうなるって事だと思われます。

でも!!!変換させれば勝手に出てきてくれる漢字は、もしかすると結構ずっと、漢字変換ソフトを作る人たちが削らなければ残るのかも・・・なんて思ったりもして。ただ、この場合、パソコン漢字見たいな事になるような気もするけれど。

よろしければ、一言どうぞ

【過去記事】こんな記事も・・・・・

感謝することしか出来ない時

自分にとっては、結構笑えるミスでも、相手にとっては笑えないミスがある。

公用語から考えた。

以前、日本語は単純で合理的な言葉だと聞いた事があり、具体的にどういうこ

「主」と「副」

時間があるからと、「主」ではなく「副」に力を注いで、気付いたら「主」が

竹に合う。。。で、答え。 なんで竹冠なんでしょう?   「合

ことのは

「やまとうたは ひとのこころをたねとして よろずのことのはとぞなりける

阿吽の呼吸

良く息のあった人たちのことを「阿吽の呼吸で・・・」なんて言い表すけど、

気を紛らわす

こんな思いはしたくない・・・ と辛いときは、仕事が忙しい方がいい。 あ

流石

ある時メールに「流石ですね」と書かれていた事があり、私は「リュウセキ」

許容範囲

許容範囲を広げることは大切だと思う。 世間を知って、許せるようになる事

惰性

惰性を調べると、「これまでの習慣や勢い」と出てくる。なぜ調べたかと言う

タブレットの普及で

スマートフォンの普及はかなりのものですが、年代を越えて重要があるのは、

何となく歌を聞いていたら、「息も止まるほど・・・・」なんて歌詞が聞こえ