日本語は面白い

日本語の面白いところ

2014年06月19日

日本語と言うか、漢字も含めて・・・と言う事になりますが。

まず、漢字に音読みと訓読みがあること。

読み方が分からなくても、漢字の基礎があれば、だいたいどういう意味なのかが分かる。

但し! 当て字もあるので注意が必要。

 

漢字の組み合わせが自由自在。

特に、人の名前で顕著。

さらに、読み方も自由自在。これが、ちょっと困る(^_^;)

 

 

文法のせいだろうと思うけど、言い回しが自由自在。

話しながら、結論を変えることもできる!

 

~的な・・・などの、曖昧な表現が得意。

何にでもつけて、雰囲気だけを伝える場合もある。

 

文字を三種類も使いこなすモノ好きは、日本人くらい。

 

日本語の興味深い所を、適当に挙げてみました。

ほとんど、外国人が困る事ばかりかな(*^_^*)

よろしければ、一言どうぞ

【過去記事】こんな記事も・・・・・

席巻・・・・せっけん

席巻 と書いて、「せっけん」と読むのよね・・・・。 知らなかった。。。

日本語の面白いところ

日本語と言うか、漢字も含めて・・・と言う事になりますが。 まず、漢字に

一喜一憂しない。

一喜一憂しない。 一喜一憂して、自分の気持ちに振り回されていたら、とて

不完全な完璧さ

不完全な完璧さ。   不完全なとは、勿論完全ではないという意

スーパームーン

二か月続けてのスーパームーン! スーパームーンは、月が一番地球に近づい

311

無情にも時間は過ぎていく物だと実感するのは、今日のような日なのかもしれ

逃げるのは、良くない・・・?

物事から逃げずに立ち向かえ! とは、良く言われることだけど、逃げるのは

「主」と「副」

時間があるからと、「主」ではなく「副」に力を注いで、気付いたら「主」が

やる事に無駄はない

今年の目標の一つに、一喜一憂しない。というのがある。毎日、どうしたって

眠いときは・・・

眠いときに無理矢理考えるのはやめましょう。結局思考が止まっているので、

ひきこもごも

ソチ五輪も、もう終わり。すべての競技を見た訳ではなく、こんな競技もある

習慣

とりとめもなく言葉が書きたくなったら、とりあえず、心の中に閉じこもって