漢字の意味

波瀾

2013年12月5日

ニュースを聞いていて、「波瀾」という言葉が妙にひっかかりました。

「波瀾に満ちた人生」とか、「波瀾万丈の人生を歩んだ」とか。
「ハラン」は、「波乱」かと思って、波が乱れるから、変化が激しい様子を言うのかと思ったけど、「波瀾」が正しい。辞書によっては、「波乱」とも書くと書かれているけれど、これだと意味が少し違ってしまう。

「波」は小さな波。「瀾」は大きな波を意味する。波が乱れるのも同じような意味になるかもしれないけど、「波瀾」と書くという事は、本来は、小さな波もあれば、大きな波もあるという意味でしょう。この二文字で、大きく物事が変化する様子を表します。「波乱」だと、どの程度の乱れなのか、「波瀾」より具体的ではありません。

「波瀾」に四文字熟語となる「万丈」とつけると、さらに激しさが増します。「丈」は長さの単位で、「万」をつける事により、一丈の万倍の意味となります。
小さな波と大きな波の差がとても大きいことを表すことになります。

「波乱」に「万丈」をつけると、波の乱れがかなり大きい事になりますが、「万丈」だけで波の大きさを表すのに比べて、「波瀾万丈」は、もともと波の大きさのある「波瀾」に万丈をつけることで、大きさを更に大きくするという役割を果たしていると思われます。

普段、何気なく、大きな違いも考えずに使っている漢字ですが、ちょっと調べるとその違いが面白いものです。

よろしければ、一言どうぞ

【過去記事】こんな記事も・・・・・

忙殺

ここのところ忙殺されて、やるべきことも出来なかった。 ふと気付くと日数

爽やか

驚いたことに「爽やか」は、俳句の世界では秋を表す季語。 てっきり、春先

気を紛らわす

こんな思いはしたくない・・・ と辛いときは、仕事が忙しい方がいい。 あ

全然

「全然」 この言葉、私が子供の頃は、否定的に使う言葉でした。 ・全然知

書き言葉と話し言葉

書き言葉と話し言葉が違うのは仕方ないかな・・・とは思うのですが、これは

影響を受ける

子供の頃から詩を書きためたノート群から一冊を取り出して読んだりすると、

信じる力

自分でも笑えるのだけど、 「みんな頑張ってる!」 という言葉を信じて頑

覚悟

人にはいろんな覚悟が有る。 人と別れる覚悟だったり、突き進む覚悟だった

予定は未定

予定は未定とは、うまい言い方だな・・・・としみじみ。 私の場合、予定は

時には、無関係の人のことばも・・・

競合他社の人だけど、なぜかとてもいい人だな・・・・と思っていたら、今日

眠いときは・・・

眠いときに無理矢理考えるのはやめましょう。結局思考が止まっているので、

初と始

「初めて」「始めて」 ?????   この違いは? &nbs