ことば.comロゴことば.com

漢字の意味

波瀾

2013年12月5日

ニュースを聞いていて、「波瀾」という言葉が妙にひっかかりました。

「波瀾に満ちた人生」とか、「波瀾万丈の人生を歩んだ」とか。
「ハラン」は、「波乱」かと思って、波が乱れるから、変化が激しい様子を言うのかと思ったけど、「波瀾」が正しい。辞書によっては、「波乱」とも書くと書かれているけれど、これだと意味が少し違ってしまう。

「波」は小さな波。「瀾」は大きな波を意味する。波が乱れるのも同じような意味になるかもしれないけど、「波瀾」と書くという事は、本来は、小さな波もあれば、大きな波もあるという意味でしょう。この二文字で、大きく物事が変化する様子を表します。「波乱」だと、どの程度の乱れなのか、「波瀾」より具体的ではありません。

「波瀾」に四文字熟語となる「万丈」とつけると、さらに激しさが増します。「丈」は長さの単位で、「万」をつける事により、一丈の万倍の意味となります。
小さな波と大きな波の差がとても大きいことを表すことになります。

「波乱」に「万丈」をつけると、波の乱れがかなり大きい事になりますが、「万丈」だけで波の大きさを表すのに比べて、「波瀾万丈」は、もともと波の大きさのある「波瀾」に万丈をつけることで、大きさを更に大きくするという役割を果たしていると思われます。

普段、何気なく、大きな違いも考えずに使っている漢字ですが、ちょっと調べるとその違いが面白いものです。

よろしければ、一言どうぞ

【過去記事】こんな記事も・・・・・

素敵な言葉

今日、初めてお会いした方ですが、いろいろ話をしました。 70代の方で、

自分が納得できるように

例えば、自分には合わないな・・・と思いながらやっている仕事。 合わない

思うよりも人って

人の言葉で傷ついたり、それで泣いたり。 他人の不用意な言葉に、結構傷つ

原点

いつものようにやっているつもりなのに、何かおかしい・・・とか、上手くい

何でも前向きに!

嫌みも悪意もないお誘いは、安易に断らずに参加しよう! こちらの気分一つ

言葉を交わす

一人で仕事をしていると、勿論はかどる事もあれば、誰かの顔色をうかがう必

時には、無関係の人のことばも・・・

競合他社の人だけど、なぜかとてもいい人だな・・・・と思っていたら、今日

調子にのってはいけない

繊細な関係を保とうとする場合、相手と予想以上の会話が出来たからといって

勘違いのネアンデルタール人

「はじめてのことば」で、ネアンデルタール人の咽喉の構造がホモサピエンス

書けない漢字の行方

一時期、パソコンの普及率が日本は低いと言われていたけれど、今はどうなん

文字は消えない

言葉が生まれてから、それを記憶するために。また、記録していくために使わ

言葉って難しい

ある日、量販店での会話。 お客さん「DVDってどこ?」 店員さん「DV