ことば.comロゴことば.com

漢字の意味

波瀾

2013年12月5日

ニュースを聞いていて、「波瀾」という言葉が妙にひっかかりました。

「波瀾に満ちた人生」とか、「波瀾万丈の人生を歩んだ」とか。
「ハラン」は、「波乱」かと思って、波が乱れるから、変化が激しい様子を言うのかと思ったけど、「波瀾」が正しい。辞書によっては、「波乱」とも書くと書かれているけれど、これだと意味が少し違ってしまう。

「波」は小さな波。「瀾」は大きな波を意味する。波が乱れるのも同じような意味になるかもしれないけど、「波瀾」と書くという事は、本来は、小さな波もあれば、大きな波もあるという意味でしょう。この二文字で、大きく物事が変化する様子を表します。「波乱」だと、どの程度の乱れなのか、「波瀾」より具体的ではありません。

「波瀾」に四文字熟語となる「万丈」とつけると、さらに激しさが増します。「丈」は長さの単位で、「万」をつける事により、一丈の万倍の意味となります。
小さな波と大きな波の差がとても大きいことを表すことになります。

「波乱」に「万丈」をつけると、波の乱れがかなり大きい事になりますが、「万丈」だけで波の大きさを表すのに比べて、「波瀾万丈」は、もともと波の大きさのある「波瀾」に万丈をつけることで、大きさを更に大きくするという役割を果たしていると思われます。

普段、何気なく、大きな違いも考えずに使っている漢字ですが、ちょっと調べるとその違いが面白いものです。

よろしければ、一言どうぞ

【過去記事】こんな記事も・・・・・

冒険

冒険と言うと、文字通り危険を冒すってことですが、子供の頃は来県は無くて

愚痴を言う

同業者も同僚もいない所で仕事をすると、ある意味気楽だけれど、情報から取

習慣

とりとめもなく言葉が書きたくなったら、とりあえず、心の中に閉じこもって

原爆ドームを訪れて

日本人なら一度は行っておくべきだと、ようやく原爆ドームを見に行きました

no thanks

時々使う言葉なのに、ふと意味が分からなくなる言葉に「結構です」がある。

不完全な完璧さ

不完全な完璧さ。   不完全なとは、勿論完全ではないという意

諦めない・・・・?

マイナスな発言をするのは良くない。否定する言葉を使わずに、肯定的な言葉

書き言葉と話し言葉

書き言葉と話し言葉が違うのは仕方ないかな・・・とは思うのですが、これは

受け入れる

嫌な事も、受け入れる度量が必要! それが、今自分に与えられた試練だから

言葉と文字

言葉があれば必然と文字が生まれるのだろう・・・なんて勝手に思っていたけ

「早い」と「速い」

書こうとして、ふと「どっち?」と思う字に「早い」と「速い」があります。

文字は消えない

言葉が生まれてから、それを記憶するために。また、記録していくために使わ