ことば.comロゴことば.com

外国語を学ぶ

英会話ってこんな感じ。

2014年06月7日

最近英会話の勉強をしていて、スピードにはついていけるようになったような・・・

ついていける・・・と言っても、内容が分かるのではなくて、文章を見ながら、それを読んでいることばについていける・・・って状態。

ゆっくりの英語を聞いていると、単語と日本語を合わせられるので、なんとなく言っている事が分かります。が、英語の場合は、「これは~でない」と否定してから、「こういう事とこういう事を」って感じの順番でことばが並びます。

そうしたら、否定がどこまで掛っているのか分からなくなったり・・・・
まさか、後の文章全部に掛っているとは思わなかったり・・・・
必死で聞いているうちに、否定していた事を忘れていたり・・・・

日本語でも、やたらと説明した後に、全否定する場合もあって驚く時がありますが、順序が違っても同じような事が起こるわけですね・・・・。

「OK」という言葉を聞いて、「了解」とか「はい」とか「わかったよ」なんて日本語に変換する人っていないと思いますが、英語の日常会話を聞いて、その「OK」と同じ感じで聞けるようになった時に、英語の日常会話が出来るようになるんでしょうね・・・・。

よろしければ、一言どうぞ

【過去記事】こんな記事も・・・・・

「今」に感謝

とかく女はよく喋る! 女子会をすると、帰り際、いつも思う。いったい、い

文字は消えない

言葉が生まれてから、それを記憶するために。また、記録していくために使わ

言葉の伝達方法

昔は、漢字を速く書くために、草書体というものを創り出した。 良く、「達

一喜一憂しない。

一喜一憂しない。 一喜一憂して、自分の気持ちに振り回されていたら、とて

全然

「全然」 この言葉、私が子供の頃は、否定的に使う言葉でした。 ・全然知

自分への言葉

海外ドラマで「メンタリスト」というドラマがある。それを見ていたら。主人

人任せはよくない!

待ってはいけない。 なんなら、相手を待たせなさい。 人の助けを期待して

冒険

冒険と言うと、文字通り危険を冒すってことですが、子供の頃は来県は無くて

感謝

感謝と言う字を見ていて、ふとクエッション。「感じる」と言う字と「謝る」

ことばの不思議

言葉が生まれたのは、いつなのかな?と考えると、猿から人間へ変わった時っ

お彼岸

お彼岸と言えば先祖を供養する事を考えます。でも元々お彼岸と言うのは、今

適応能力

人が現在栄華を誇っているのは、強かったからではありません。 人は、虎の