外国語を学ぶ

英会話ってこんな感じ。

2014年06月7日

最近英会話の勉強をしていて、スピードにはついていけるようになったような・・・

ついていける・・・と言っても、内容が分かるのではなくて、文章を見ながら、それを読んでいることばについていける・・・って状態。

ゆっくりの英語を聞いていると、単語と日本語を合わせられるので、なんとなく言っている事が分かります。が、英語の場合は、「これは~でない」と否定してから、「こういう事とこういう事を」って感じの順番でことばが並びます。

そうしたら、否定がどこまで掛っているのか分からなくなったり・・・・
まさか、後の文章全部に掛っているとは思わなかったり・・・・
必死で聞いているうちに、否定していた事を忘れていたり・・・・

日本語でも、やたらと説明した後に、全否定する場合もあって驚く時がありますが、順序が違っても同じような事が起こるわけですね・・・・。

「OK」という言葉を聞いて、「了解」とか「はい」とか「わかったよ」なんて日本語に変換する人っていないと思いますが、英語の日常会話を聞いて、その「OK」と同じ感じで聞けるようになった時に、英語の日常会話が出来るようになるんでしょうね・・・・。

よろしければ、一言どうぞ

【過去記事】こんな記事も・・・・・

覚悟

人にはいろんな覚悟が有る。 人と別れる覚悟だったり、突き進む覚悟だった

「早い」と「速い」

書こうとして、ふと「どっち?」と思う字に「早い」と「速い」があります。

自分の性格と付き合う

「自分の性格だから、付き合っていかないといけない」 これ、なかなか深い

やる事に無駄はない

今年の目標の一つに、一喜一憂しない。というのがある。毎日、どうしたって

波瀾

ニュースを聞いていて、「波瀾」という言葉が妙にひっかかりました。 「波

「主」と「副」

時間があるからと、「主」ではなく「副」に力を注いで、気付いたら「主」が

心が折れる

そう。心って折れます。ホントに。今年に入ってから、折れてばっかり。だか

人任せはよくない!

待ってはいけない。 なんなら、相手を待たせなさい。 人の助けを期待して

言葉の伝達方法

昔は、漢字を速く書くために、草書体というものを創り出した。 良く、「達

さくら

奇数日に必ずブログを書こうとしてますが、よく見ると抜けてますね。すっか

書き言葉と話し言葉

書き言葉と話し言葉が違うのは仕方ないかな・・・とは思うのですが、これは

ことばが繋ぐ人との輪

素通りするより、会釈して。 会釈だけより、微笑んで。 ほんの少し勇気を