徒然

不信感

2014年06月23日

不信感は、いつ生まれるのだろう?

 

何となく感じるようになり、確信に変わるのか。

それとも、いきなり突然生まれるのか?

 

少なくとも、一方的な事を聞かされ続けると、ある時から疑問に思うようになる。

周りの人の話などから、辻褄が合わなくなってくるから。

信じる計りは、正義。

 

そこに正義があるのかどうか?

一体誰に正義があるのかどうか?

取り繕われた正義をまとった傲慢か?

 

その傲慢さで人を丸め込もうなんて、虫が良すぎる。

 

けれど、世の中を見ていると、その傲慢さが多くの人を動かしていると思えてくる。

よろしければ、一言どうぞ

【過去記事】こんな記事も・・・・・

書き言葉と話し言葉

書き言葉と話し言葉が違うのは仕方ないかな・・・とは思うのですが、これは

お彼岸

お彼岸と言えば先祖を供養する事を考えます。でも元々お彼岸と言うのは、今

ことばの語源

「ことば」って、「言」+「葉」からきていると思っていたら、意外と違って

爽やか

驚いたことに「爽やか」は、俳句の世界では秋を表す季語。 てっきり、春先

はじめてのことば

「ことば」と聞いて連想するもの・・・。 トップページに使っているバベル

ことのは

「やまとうたは ひとのこころをたねとして よろずのことのはとぞなりける

流石

ある時メールに「流石ですね」と書かれていた事があり、私は「リュウセキ」

不安

不安とは、安心できない事。安定しない事。ただ、安定しない事なら不安定と

阿吽の呼吸

良く息のあった人たちのことを「阿吽の呼吸で・・・」なんて言い表すけど、

逃げるのは、良くない・・・?

物事から逃げずに立ち向かえ! とは、良く言われることだけど、逃げるのは

いつ、いかなる時も

いつ、いかなる時も、誰が来ても フットワーク軽く動けるようにしておくこ

何事もおろそかにしない

ここ数カ月、取り組んでいる事。   どうしても、自分に直接関