日本語は面白い

雨、あめ、飴、編め・・・

2014年07月7日

雨、あめ、天、飴、編め・・・・

日本語は同音異義語が多いので、こういう事になりますが、恐らく天と雨は、もともと同じような意味から生まれた言葉ではないかと・・・。

元が同じで、年月を得て、天と雨に分かれた・・・みたいな。

 

と言うのは、農耕民族の日本人は、太陽の恵みは勿論必要だけれどい、雨の恵みもとても大事。

農耕民族でなくても、生きていく上でも水は大切ですけど。

雨乞の儀式なんてあるくらいだし。

 

「天水」という言葉があって、文字通り天の水で、イコール雨の事ですよね。

テンスイと読めば、これは音読み。でも訓読みだと、アマミズ。あるいはアメミズ。

 

「天」というのは、かなり抽象的な言葉。空とは違うし、どちらかというと空よりも上って感じ?

さらに、「神様のいる場所」と思っていたりする。これは、どうでしょう? 日本の神様は天から降りて来たらしいから、間違ってはいないけど、若干、現代の日本人が感じている「天」は、キリスト教の影響が大きいのかもしれない。

 

因に、「飴」に関しては、「甘い」から生まれた言葉のよう。

よろしければ、一言どうぞ

【過去記事】こんな記事も・・・・・

書けない漢字の行方

一時期、パソコンの普及率が日本は低いと言われていたけれど、今はどうなん

新しい年 2015

2015年になって、明日で二十日が過ぎます。 お正月って、なにかと慌た

さくら

奇数日に必ずブログを書こうとしてますが、よく見ると抜けてますね。すっか

原点

いつものようにやっているつもりなのに、何かおかしい・・・とか、上手くい

勘違いのネアンデルタール人

「はじめてのことば」で、ネアンデルタール人の咽喉の構造がホモサピエンス

不完全な完璧さ

不完全な完璧さ。   不完全なとは、勿論完全ではないという意

今年の目標

もう一ヶ月も経って遅いのですが、今日、意外にも今年の目標を書く機会があ

言葉と文字

言葉があれば必然と文字が生まれるのだろう・・・なんて勝手に思っていたけ

判子と印鑑

判子を持ってきてください。 とか、 印鑑お願いします。 なんて、良く使

詩とメロディー

詩は、それだけで力のあるもの 何かがあった時 何かが起こった時 もしか

大切

「たいせつ」は、大きく切ると書いてます。自分にとって、或いは相手にとっ

席巻・・・・せっけん

席巻 と書いて、「せっけん」と読むのよね・・・・。 知らなかった。。。