ことば.comロゴことば.com

日本語は面白い

雨、あめ、飴、編め・・・

2014年07月7日

雨、あめ、天、飴、編め・・・・

日本語は同音異義語が多いので、こういう事になりますが、恐らく天と雨は、もともと同じような意味から生まれた言葉ではないかと・・・。

元が同じで、年月を得て、天と雨に分かれた・・・みたいな。

 

と言うのは、農耕民族の日本人は、太陽の恵みは勿論必要だけれどい、雨の恵みもとても大事。

農耕民族でなくても、生きていく上でも水は大切ですけど。

雨乞の儀式なんてあるくらいだし。

 

「天水」という言葉があって、文字通り天の水で、イコール雨の事ですよね。

テンスイと読めば、これは音読み。でも訓読みだと、アマミズ。あるいはアメミズ。

 

「天」というのは、かなり抽象的な言葉。空とは違うし、どちらかというと空よりも上って感じ?

さらに、「神様のいる場所」と思っていたりする。これは、どうでしょう? 日本の神様は天から降りて来たらしいから、間違ってはいないけど、若干、現代の日本人が感じている「天」は、キリスト教の影響が大きいのかもしれない。

 

因に、「飴」に関しては、「甘い」から生まれた言葉のよう。

よろしければ、一言どうぞ

【過去記事】こんな記事も・・・・・

適応能力

人が現在栄華を誇っているのは、強かったからではありません。 人は、虎の

ことばの語源

「ことば」って、「言」+「葉」からきていると思っていたら、意外と違って

冒険

冒険と言うと、文字通り危険を冒すってことですが、子供の頃は来県は無くて

スタートしたら・・・・

スタートさせたら、順調に進められるのかと思いきや! いろいろ問題が・・

スタートさせる事

頭の中でいろいろ考える。あんなことも出来るかも・・・とか、こんなことも

公用語から考えた。

以前、日本語は単純で合理的な言葉だと聞いた事があり、具体的にどういうこ

自分が納得できるように

例えば、自分には合わないな・・・と思いながらやっている仕事。 合わない

スーパームーン

二か月続けてのスーパームーン! スーパームーンは、月が一番地球に近づい

刺激惹起性多能性獲得細胞

刺激惹起性多能性獲得細胞 まるで漢文。読もうと言う気もなくなる漢字の羅

日本語と漢字

例えば英語、ドイツ語やフランス語もそうですが、同じような意味を持つ同音

お正月なので、初夢とか、将来の夢とか、「夢」という言葉を良く使うので、

日本語の起源

今、世界で主流なのが印欧語=インド・ヨーロッパ語族。ヨーロッパ人は、文