徒然

適応能力

2014年11月17日

人が現在栄華を誇っているのは、強かったからではありません。

人は、虎のような牙もないし、恐竜のような獰猛さも、切り裂く爪も持ってはいません。

人にあったのは、変わっていく環境に順応する能力です。

生物は環境に適応するために変化(進化)していきますが、問題はスピード。

変化していくスピードに適応能力がついていけなければ絶滅です。

 

で、そういった事を縮図のように自分の人生に当てはめてみる。

例えば、仕事。

周りの何かが変われば、適応して仕事をしなければいけない。

ついていけなければ、やっぱ仕事がなくなります。

 

この適応能力ですけど、本能的な部分は大きいにしても、人間には「知恵」がありますから、

しっかりこれを使って適応していくべきでしょうね・・・。

よろしければ、一言どうぞ

【過去記事】こんな記事も・・・・・

全然

「全然」 この言葉、私が子供の頃は、否定的に使う言葉でした。 ・全然知

冒険

冒険と言うと、文字通り危険を冒すってことですが、子供の頃は来県は無くて

予定は未定

予定は未定とは、うまい言い方だな・・・・としみじみ。 私の場合、予定は

ひきこもごも

ソチ五輪も、もう終わり。すべての競技を見た訳ではなく、こんな競技もある

変化に対応する

年末年始、いつもと違う雰囲気に戸惑って、結果は散々。 今日は、いつもと

人が信じられると。

人が信じられると、何が得られるかと言えば、 安心。 不思議だけど、落ち

「Happy」が繋ぐ世界

ファレル・ウィリアムスの「Happy」が世界を繋いでる。 こんな事言う

憂:国土強靭化計画

国土強靱化計画は、田中化角栄の日本列島大改造を思い出す。 最近、以前中

ことのは

「やまとうたは ひとのこころをたねとして よろずのことのはとぞなりける

覚悟

人にはいろんな覚悟が有る。 人と別れる覚悟だったり、突き進む覚悟だった

「早い」と「速い」

書こうとして、ふと「どっち?」と思う字に「早い」と「速い」があります。

さくら

奇数日に必ずブログを書こうとしてますが、よく見ると抜けてますね。すっか