ことば.comロゴことば.com

徒然

2月

2014年01月31日

2月と言えば、今年はオリンピック。もう間もなく本番です!

2月ですが、「如月」とも書きます。「きさらぎ」と読みますが、衣(きぬ)を更に着る月なので「衣更着」というのが一説。「衣」の部分が「絹」になる説も。他に、草木の芽が張り出す月なので「草木張月(くさきはりづき)」、前年の旧暦八月に雁が来て、更に燕が来る頃であるから「来更来(きさらぎ)」⬅ややこしい、陽気が更に来る月であるから「気更来(きさらぎ)」など説はいろいろ。

きさらぎ。奇麗な音です。

「如何」と書いて「いかが」。「如何」と書いて「どう」。こうして見ると、「如月」は「どんな月?」と聞かれているような気がしなくはない。でも、あまり意味らしい意味はないみたいなのでちょっと寂しい。

よろしければ、一言どうぞ

【過去記事】こんな記事も・・・・・

何となく歌を聞いていたら、「息も止まるほど・・・・」なんて歌詞が聞こえ

言葉と宗教

この間、インドヨーロッパ語族のことについて読んでいたら、ちょっと目から

素敵な言葉

今日、初めてお会いした方ですが、いろいろ話をしました。 70代の方で、

言葉と文字

言葉があれば必然と文字が生まれるのだろう・・・なんて勝手に思っていたけ

思いを形に

生きていると、こんな事がしたい。あんな事がしたい・・・といろいろ思い描

詩とメロディー

詩は、それだけで力のあるもの 何かがあった時 何かが起こった時 もしか

スタートさせる事

頭の中でいろいろ考える。あんなことも出来るかも・・・とか、こんなことも

Macのpages

今まではずっとwindowsを使っていて、小説を書く場合はWordを使

2月

2月と言えば、今年はオリンピック。もう間もなく本番です! 2月ですが、

うまく行く時と、行かない時と

うまく行かないときは、誰かに頼りたくなったり、愚痴を言いたくなったり。

適応能力

人が現在栄華を誇っているのは、強かったからではありません。 人は、虎の

完璧な矛と完璧な盾 だから矛盾

これは、どんな盾も貫ける矛だよ! これは、どんな矛からも身を守れる盾だ