ことば.comロゴことば.com

徒然

2月

2014年01月31日

2月と言えば、今年はオリンピック。もう間もなく本番です!

2月ですが、「如月」とも書きます。「きさらぎ」と読みますが、衣(きぬ)を更に着る月なので「衣更着」というのが一説。「衣」の部分が「絹」になる説も。他に、草木の芽が張り出す月なので「草木張月(くさきはりづき)」、前年の旧暦八月に雁が来て、更に燕が来る頃であるから「来更来(きさらぎ)」⬅ややこしい、陽気が更に来る月であるから「気更来(きさらぎ)」など説はいろいろ。

きさらぎ。奇麗な音です。

「如何」と書いて「いかが」。「如何」と書いて「どう」。こうして見ると、「如月」は「どんな月?」と聞かれているような気がしなくはない。でも、あまり意味らしい意味はないみたいなのでちょっと寂しい。

よろしければ、一言どうぞ

【過去記事】こんな記事も・・・・・

心を開いてみる

今日は久々に同業他社の方とお会いする事にあり。。。 普段はいないはずな

人任せはよくない!

待ってはいけない。 なんなら、相手を待たせなさい。 人の助けを期待して

漢字で遊ぶ

漢字って難しい。 と言っても、つくりに魚偏があれば魚の名前だと分かるし

信じる力 -恋愛編-

まず、自分が相手を好きだという前提で。 相手の事が好きだという思いに嘘

逃げるのは、良くない・・・?

物事から逃げずに立ち向かえ! とは、良く言われることだけど、逃げるのは

うだつ

「うだつがあがらない」なんて、意味も知らずに、でも、使い方は正しくだれ

感謝

感謝と言う字を見ていて、ふとクエッション。「感じる」と言う字と「謝る」

予定は未定

予定は未定とは、うまい言い方だな・・・・としみじみ。 私の場合、予定は

ひきこもごも

ソチ五輪も、もう終わり。すべての競技を見た訳ではなく、こんな競技もある

一喜一憂しない。

一喜一憂しない。 一喜一憂して、自分の気持ちに振り回されていたら、とて

習慣

とりとめもなく言葉が書きたくなったら、とりあえず、心の中に閉じこもって

変化に対応する

年末年始、いつもと違う雰囲気に戸惑って、結果は散々。 今日は、いつもと