ことば.comロゴことば.com

徒然

2月

2014年01月31日

2月と言えば、今年はオリンピック。もう間もなく本番です!

2月ですが、「如月」とも書きます。「きさらぎ」と読みますが、衣(きぬ)を更に着る月なので「衣更着」というのが一説。「衣」の部分が「絹」になる説も。他に、草木の芽が張り出す月なので「草木張月(くさきはりづき)」、前年の旧暦八月に雁が来て、更に燕が来る頃であるから「来更来(きさらぎ)」⬅ややこしい、陽気が更に来る月であるから「気更来(きさらぎ)」など説はいろいろ。

きさらぎ。奇麗な音です。

「如何」と書いて「いかが」。「如何」と書いて「どう」。こうして見ると、「如月」は「どんな月?」と聞かれているような気がしなくはない。でも、あまり意味らしい意味はないみたいなのでちょっと寂しい。

よろしければ、一言どうぞ

【過去記事】こんな記事も・・・・・

調子にのってはいけない

繊細な関係を保とうとする場合、相手と予想以上の会話が出来たからといって

言葉の伝達方法

昔は、漢字を速く書くために、草書体というものを創り出した。 良く、「達

竹に合う。。。で、答え。 なんで竹冠なんでしょう?   「合

脳波をキャッチ! Google glass

昔からの夢が、自分の考えている事をそのまま画面に映し出してくれる機能。

日本語の面白いところ

日本語と言うか、漢字も含めて・・・と言う事になりますが。 まず、漢字に

信頼

時間が経って、ある程度の信頼が築けると、無駄な事を言わなくても良くなる

大切

「たいせつ」は、大きく切ると書いてます。自分にとって、或いは相手にとっ

逃げるのは、良くない・・・?

物事から逃げずに立ち向かえ! とは、良く言われることだけど、逃げるのは

チャンスは創り出すもの

  良く言われるし、当たり前のことだけど、諦めたら終わり。

一匹は一匹

一人でもがくより、二人がかり。二人がかりの大きな結果のはずが、驚きの結

不信感

不信感は、いつ生まれるのだろう?   何となく感じるようにな

いつまで使い続けられるか?

日本語には、文字として漢字・平仮名・片仮名の三種類があります。もう少し