ことば.comロゴことば.com

徒然

さくら

2014年04月7日

奇数日に必ずブログを書こうとしてますが、よく見ると抜けてますね。すっかり忘れているって状態です。

本題。

今の季節は桜の季節。毎年時間があると、またその時間と桜の都合が合わないとダメですが、家の近くの桜を見に行きます。

sakura

最近は整備もされたりして、歩きやすくもなり、お花見もゆっくり出来るようになりました。
今年はいきなり咲いた感があって驚き、いきなり寒くなったのでもう散ってしまうかと思ったけれど、意外とまだ綺麗に咲いています。
で、ふと思ったこと。サクラを使って大入り満員に見せる!なんていいますが、なぜ桜?

wikiを見たら、サクラと書いて、括弧して「おとり」と書いてあった。
おとり?
私の知っているサクラとおとりは、似ているけれどチョット違う。
囮は、罠にはめるってイメージ。でも、本物ではない客を装って、本当の客を呼ぼうという魂胆だから、囮であってるのか?
言葉って難しい。
当て字で偽客と書くらしいけど、こちらの方がやはり的を得ている感じ。
「偽客」のサクラに、これ!という説はないらし

本来は江戸時代に芝居小屋で歌舞伎をタダ見させてもらうかわりに、芝居の見せ場で役者に掛声を掛けたりしてその場を盛り上げること、またはそれを行う者のことをサクラといった。桜の花見はそもそもタダ見であること、そしてその場限りの盛り上がりを桜がパッと咲いてサッと散ることにかけたものだという。これが明治時代に入ると、露天商や的屋などの売り子とつるんで客の中に入り込み、冷やかしたり、率先して商品を買ったり、わざと高値で買ったりするような仕込み客のことも隠語でサクラと呼ぶようになった。サクラを「偽客」と書くようになったのはこの露天商などが用いた当て字が一般に広まったものである。<ウィキペディアより>

私たちのイメージは、一番最後の露天商の隠語ですね。

よろしければ、一言どうぞ

【過去記事】こんな記事も・・・・・

爽やか

驚いたことに「爽やか」は、俳句の世界では秋を表す季語。 てっきり、春先

英語でメールのやりとり

英会話を勉強しようとやってはいるけど、なかなか時間がとれなかったり、一

万感の思いを込めて

ソチ五輪。男子フィギュアスケート。高橋大輔選手最後の五輪は総合六位。

上の空

文章を書くのに、いろいろと妄想していた時に、ふと、今、誰かに声をかけら

公用語から考えた。

以前、日本語は単純で合理的な言葉だと聞いた事があり、具体的にどういうこ

いつまで使い続けられるか?

日本語には、文字として漢字・平仮名・片仮名の三種類があります。もう少し

忘れるために

出来れば、そうだな。 悲しさとか、つらさは、心の中にしまいこんで 出会

以心伝心

なんと!年始に奇数日アップを目指す!なんて言っていたのに、気がつけば・

311

無情にも時間は過ぎていく物だと実感するのは、今日のような日なのかもしれ

冒険

冒険と言うと、文字通り危険を冒すってことですが、子供の頃は来県は無くて

書き言葉と話し言葉

書き言葉と話し言葉が違うのは仕方ないかな・・・とは思うのですが、これは

さくら

奇数日に必ずブログを書こうとしてますが、よく見ると抜けてますね。すっか