徒然

ことばが繋ぐ人との輪

2014年05月23日

素通りするより、会釈して。
会釈だけより、微笑んで。
ほんの少し勇気を出して、微笑みに言葉も足してみて。
人とすれ違う時、勿論知らない人に声を掛けるなんて難しいし、変に思われるからしない方がましかもしれないけど、以前、富士山に登った時の事を思い出した。
恐らく、街中ではなく大自然の中・・・・というシチュエーションに、同じ目的を持っているから・・という事もあるからか、どんどん登って、頂上がなんとなく感じられる頃になると
降りてくる人が
「おはようございます。もう少しですよ」
とか、
「こんにちは。頑張って」
と声を掛けてくれる。
高度もあるし、頭痛がしたり、息切れしながら登っている時に
それは、とても爽やかな笑顔と言葉で・・・・・
そんな風に街中で声をかけられたら、きっと変な顔してさっさと通り過ぎるのだけれど
初めて声を掛けてもらった時は、声を掛けてもらえたことが嬉しくて、
笑って会釈したと思う。
驚いて、言葉が出なかったようにも思う。
普通、生活している場所でこういうことってないけれど、なんとなく、なごやかに
こんな事が起こればいいな・・・・と。

よろしければ、一言どうぞ

【過去記事】こんな記事も・・・・・

ダメな時は、ダメ!

ダメな時は、ダメ いさぎよく諦めて、次の準備をする!その時、気持ちを引

はじめてのことば

「ことば」と聞いて連想するもの・・・。 トップページに使っているバベル

爽やか

驚いたことに「爽やか」は、俳句の世界では秋を表す季語。 てっきり、春先

言葉と宗教

この間、インドヨーロッパ語族のことについて読んでいたら、ちょっと目から

信じる力 -恋愛編-

まず、自分が相手を好きだという前提で。 相手の事が好きだという思いに嘘

自分への言葉

海外ドラマで「メンタリスト」というドラマがある。それを見ていたら。主人

冒険

冒険と言うと、文字通り危険を冒すってことですが、子供の頃は来県は無くて

席巻・・・・せっけん

席巻 と書いて、「せっけん」と読むのよね・・・・。 知らなかった。。。

勘違いのネアンデルタール人

「はじめてのことば」で、ネアンデルタール人の咽喉の構造がホモサピエンス

雨、あめ、飴、編め・・・

雨、あめ、天、飴、編め・・・・ 日本語は同音異義語が多いので、こういう

受け入れる

嫌な事も、受け入れる度量が必要! それが、今自分に与えられた試練だから

予定は未定

予定は未定とは、うまい言い方だな・・・・としみじみ。 私の場合、予定は