ことば.comロゴことば.com

徒然

ことばが繋ぐ人との輪

2014年05月23日

素通りするより、会釈して。
会釈だけより、微笑んで。
ほんの少し勇気を出して、微笑みに言葉も足してみて。
人とすれ違う時、勿論知らない人に声を掛けるなんて難しいし、変に思われるからしない方がましかもしれないけど、以前、富士山に登った時の事を思い出した。
恐らく、街中ではなく大自然の中・・・・というシチュエーションに、同じ目的を持っているから・・という事もあるからか、どんどん登って、頂上がなんとなく感じられる頃になると
降りてくる人が
「おはようございます。もう少しですよ」
とか、
「こんにちは。頑張って」
と声を掛けてくれる。
高度もあるし、頭痛がしたり、息切れしながら登っている時に
それは、とても爽やかな笑顔と言葉で・・・・・
そんな風に街中で声をかけられたら、きっと変な顔してさっさと通り過ぎるのだけれど
初めて声を掛けてもらった時は、声を掛けてもらえたことが嬉しくて、
笑って会釈したと思う。
驚いて、言葉が出なかったようにも思う。
普通、生活している場所でこういうことってないけれど、なんとなく、なごやかに
こんな事が起こればいいな・・・・と。

よろしければ、一言どうぞ

【過去記事】こんな記事も・・・・・

習慣

とりとめもなく言葉が書きたくなったら、とりあえず、心の中に閉じこもって

心を開いてみる

今日は久々に同業他社の方とお会いする事にあり。。。 普段はいないはずな

席巻・・・・せっけん

席巻 と書いて、「せっけん」と読むのよね・・・・。 知らなかった。。。

スタートさせる事

頭の中でいろいろ考える。あんなことも出来るかも・・・とか、こんなことも

思いを形に

生きていると、こんな事がしたい。あんな事がしたい・・・といろいろ思い描

やる事に無駄はない

今年の目標の一つに、一喜一憂しない。というのがある。毎日、どうしたって

英会話ってこんな感じ。

最近英会話の勉強をしていて、スピードにはついていけるようになったような

ことばの不思議

言葉が生まれたのは、いつなのかな?と考えると、猿から人間へ変わった時っ

勘違いのネアンデルタール人

「はじめてのことば」で、ネアンデルタール人の咽喉の構造がホモサピエンス

変化に対応する

年末年始、いつもと違う雰囲気に戸惑って、結果は散々。 今日は、いつもと

ことばのイメージ

外国語を聞くと、日本語とは勿論発音とか全然違うから、意味もわからないの

諦めない・・・・?

マイナスな発言をするのは良くない。否定する言葉を使わずに、肯定的な言葉