ことば.comロゴことば.com

外国語を学ぶ

二カ国語を同時に学ぶ?

2014年04月19日

英会話を出来るようになりたいと思いつつ、いろんな人と話をしていたら、ちょっと驚くような話を聞いた。

言語の違う親の子供、つまりハーフの子供は、例えば母親がイタリア人でイタリア語で話しかけ、父親がアメリカ人なので英語で話しかけていると、一般の子供より若干遅いらしいけど、イタリア語も英語も同じように使い分けて言葉を話しだすらしい。

だから、二カ国語を一緒に習っても同じように話せるようになるはず! と言うのがその日との言い分。

ただ、やはりその子供たちには、日常「人と会話をする言葉」と言うのがあるので、成長すると単語の量には差が出てくるみたい。

とは言っても、人間の能力の凄さというのは、計り知れない。もしかすると、大人の既成概念を外してしまえば、私も二カ国語が話せるようになるかもしれない! とは思いつつ、そんなリスクを置かす必要も無いので、とりあえず英会話のみ!頑張ってみます★

よろしければ、一言どうぞ

【過去記事】こんな記事も・・・・・

全然

「全然」 この言葉、私が子供の頃は、否定的に使う言葉でした。 ・全然知

忙殺

ここのところ忙殺されて、やるべきことも出来なかった。 ふと気付くと日数

「主」と「副」

時間があるからと、「主」ではなく「副」に力を注いで、気付いたら「主」が

素敵な言葉

今日、初めてお会いした方ですが、いろいろ話をしました。 70代の方で、

波瀾

ニュースを聞いていて、「波瀾」という言葉が妙にひっかかりました。 「波

以心伝心

なんと!年始に奇数日アップを目指す!なんて言っていたのに、気がつけば・

勘違いのネアンデルタール人

「はじめてのことば」で、ネアンデルタール人の咽喉の構造がホモサピエンス

不信感

不信感は、いつ生まれるのだろう?   何となく感じるようにな

ことのは

「やまとうたは ひとのこころをたねとして よろずのことのはとぞなりける

書き言葉と話し言葉

書き言葉と話し言葉が違うのは仕方ないかな・・・とは思うのですが、これは

影響を受けた本

子供の頃に読んで、今でも忘れられない本。読書家ならたくさんあると思うけ

人称代名詞

ある本を読んでいて、人称代名詞は日本語にはない!といったような事が書か