ことば.comロゴことば.com

徒然

はじめてのことば

2013年09月16日

「ことば」と聞いて連想するもの・・・。

バベルの塔

トップページに使っているバベルの塔。このバベルの塔には、様々な説がありますが、もともと一つの言葉を使っていた人々が神に近づくために高い塔を建てようとした。ところが、神の怒りに触れ、神は塔を崩すとともに、同じことが起きないよう多くの違った言葉を話させるようにしてしまった、というのが通説です。

また、ネアンデルタール人とホモサピエンス。ネアンデルタール人が滅んでしまったのは、喉の構造がホモサピエンスと少し違ったため、母音の数が少なかったからのようです。

世界中に言葉はいくらでもありますが、何処が発症の言葉なのかは辿っていくと行き着くものですが、日本語は孤高の言葉。生まれ故郷が不明です。
ただ、文法は韓国と同じだから、あながちひちりぼっちではないんでしょうね!
でも、母音は少ないし、子音も少ないし・・・。五十音を考えてみると、無くなってしまった発音も多そうです。かろうじてマ行だけは、何も混じらなかったって感じです。学問的には知りませんが。

ことば.com ちょっと仰々しいドメインになってしまったけど、簡単で分かりやすい言葉で・・・なんて思い、いろいろドメインを考えているうちに日本語ドメインを使おうと思い、ポロッとお名前.comで試したら使えたので、簡単に決めてしまいました。
言葉の成り立ちとか、言葉とは?なんて哲学的に考えるようなサイトでは決してないんですが。
言葉で思いを伝えようとしているサイトです。

このブログが、このサイトでの、最初の言葉になります。

よろしければ、一言どうぞ

【過去記事】こんな記事も・・・・・

落ち込んだら・・・・

落ち込んだら、なるべく相手にマイナスな部分が伝わらないようにしながら(

諦めない時

もう今日は諦めようと、帰り支度は万全。とりあえず、休憩室に戻ったけれど

習慣

とりとめもなく言葉が書きたくなったら、とりあえず、心の中に閉じこもって

言葉と宗教

この間、インドヨーロッパ語族のことについて読んでいたら、ちょっと目から

年賀

そろそろ年賀状を考える季節になりました。 年賀って何も考えずに使ってい

ことばのイメージ

外国語を聞くと、日本語とは勿論発音とか全然違うから、意味もわからないの

お彼岸

お彼岸と言えば先祖を供養する事を考えます。でも元々お彼岸と言うのは、今

影響を受ける

子供の頃から詩を書きためたノート群から一冊を取り出して読んだりすると、

完璧な矛と完璧な盾 だから矛盾

これは、どんな盾も貫ける矛だよ! これは、どんな矛からも身を守れる盾だ

以心伝心

なんと!年始に奇数日アップを目指す!なんて言っていたのに、気がつけば・

タブレットの普及で

スマートフォンの普及はかなりのものですが、年代を越えて重要があるのは、

奇数と偶数

数字は、2で割り切れない数字が奇数で、2で割る事の出来る数字を偶数と呼