ことば.comロゴことば.com

徒然

これは、虹?

2013年10月7日

ふと見たら、雲がこんなふうに。

虹か雲か

写真だと結構赤っぽいだけに見えますが、淡い青色もちゃんと見えてました。
最初は短い虹かと思ったけれど、どう見ても雲に虹色が付いているみたいなんですよね。夕陽が雲に反射してるんでしょうか? ちょっと不思議な光景でした。

長く生きてますが、自分の街で出会った初めての光景です。この写真を見ていると、隕石か何かが落ちているみたいにも見えますけど。

虹(にじ)とは、赤から紫までの光のスペクトルが並んだ、円弧状の光である。気象現象の中でも、大気光学現象に含まれる。
太陽の光が、空気中の水滴によって屈折、反射されるときに、水滴がプリズムの役割をするため、光が分解されて、複数色(日本では七色とされる)の帯に見える。

以上、ウィキペディアから。
虹と言えば、見ると子供たちが歓声を上げるような光景ですが、虹を学問的に説明すると、上記のような表現になります。堅苦しいかもしれませんが、光のスペクトル・・とか、水滴のプリズム・・・なんて、そそられる言葉が並びますね。

ここで、浮かんだ言葉たちの群れが、小さなポエムになりました。

大空を渡る光のスペクトル。
この橋を渡ったら、
ねぇ、いったいどこに行きつくだろう
水滴のプリズムに、太陽の光が七色に染まる。
ねぇ、一緒に行けたらいいね。
この先に何があるのか、良くはわからないけれど。

よろしければ、一言どうぞ

【過去記事】こんな記事も・・・・・

今年の目標

もう一ヶ月も経って遅いのですが、今日、意外にも今年の目標を書く機会があ

「主」と「副」

時間があるからと、「主」ではなく「副」に力を注いで、気付いたら「主」が

うまく行く時と、行かない時と

うまく行かないときは、誰かに頼りたくなったり、愚痴を言いたくなったり。

忘れるために

出来れば、そうだな。 悲しさとか、つらさは、心の中にしまいこんで 出会

挨拶

朝、人に会った時、「おはようございます」の挨拶をするけれど、こちらから

自分が納得できるように

例えば、自分には合わないな・・・と思いながらやっている仕事。 合わない

爽やか

驚いたことに「爽やか」は、俳句の世界では秋を表す季語。 てっきり、春先

書き言葉と話し言葉

書き言葉と話し言葉が違うのは仕方ないかな・・・とは思うのですが、これは

詩とメロディー

詩は、それだけで力のあるもの 何かがあった時 何かが起こった時 もしか

LINEを使うようになって

LINEを使うようになって、めっきり電話する機会が減った。 どれだけ話

言葉を交わす

一人で仕事をしていると、勿論はかどる事もあれば、誰かの顔色をうかがう必

埋まらない五十音

韓国語を少しだけかじった事があります。たまたま韓国から来ていた人と知り