ことば.comロゴことば.com

徒然

これは、虹?

2013年10月7日

ふと見たら、雲がこんなふうに。

虹か雲か

写真だと結構赤っぽいだけに見えますが、淡い青色もちゃんと見えてました。
最初は短い虹かと思ったけれど、どう見ても雲に虹色が付いているみたいなんですよね。夕陽が雲に反射してるんでしょうか? ちょっと不思議な光景でした。

長く生きてますが、自分の街で出会った初めての光景です。この写真を見ていると、隕石か何かが落ちているみたいにも見えますけど。

虹(にじ)とは、赤から紫までの光のスペクトルが並んだ、円弧状の光である。気象現象の中でも、大気光学現象に含まれる。
太陽の光が、空気中の水滴によって屈折、反射されるときに、水滴がプリズムの役割をするため、光が分解されて、複数色(日本では七色とされる)の帯に見える。

以上、ウィキペディアから。
虹と言えば、見ると子供たちが歓声を上げるような光景ですが、虹を学問的に説明すると、上記のような表現になります。堅苦しいかもしれませんが、光のスペクトル・・とか、水滴のプリズム・・・なんて、そそられる言葉が並びますね。

ここで、浮かんだ言葉たちの群れが、小さなポエムになりました。

大空を渡る光のスペクトル。
この橋を渡ったら、
ねぇ、いったいどこに行きつくだろう
水滴のプリズムに、太陽の光が七色に染まる。
ねぇ、一緒に行けたらいいね。
この先に何があるのか、良くはわからないけれど。

よろしければ、一言どうぞ

【過去記事】こんな記事も・・・・・

「今」に感謝

とかく女はよく喋る! 女子会をすると、帰り際、いつも思う。いったい、い

不完全な完璧さ

不完全な完璧さ。   不完全なとは、勿論完全ではないという意

ことばの不思議

言葉が生まれたのは、いつなのかな?と考えると、猿から人間へ変わった時っ

影響を受けた本

子供の頃に読んで、今でも忘れられない本。読書家ならたくさんあると思うけ

書けない漢字の行方

一時期、パソコンの普及率が日本は低いと言われていたけれど、今はどうなん

日本語未解読?

時々古代の研究をしている人たちが、この文字はまだ解読できていません。と

お彼岸

お彼岸と言えば先祖を供養する事を考えます。でも元々お彼岸と言うのは、今

落ち込んだら・・・・

落ち込んだら、なるべく相手にマイナスな部分が伝わらないようにしながら(

不信感

不信感は、いつ生まれるのだろう?   何となく感じるようにな

脳波をキャッチ! Google glass

昔からの夢が、自分の考えている事をそのまま画面に映し出してくれる機能。

夢と目標

夢と目標は違うと良く聞くけれど、最近実感した事。 海外ドラマが好きだっ

忘れるために

出来れば、そうだな。 悲しさとか、つらさは、心の中にしまいこんで 出会