ことば.comロゴことば.com

徒然

訃報

2014年04月1日

訃報は突然やってくる。長く会っていない人だと、驚きはするが、なかなか実感がなくて・・。
でも、その人を思い、共に生きた時間を思い返すと、懐かしさと共に悲しみが込み上げる。

そうして、会わなくなって長い時間が経った事を実感する。思い返して懐かしい、きれいなままの思い出は色あせず、それでも、決して還ってこない時間だったのだと言う事も実感する

多くの事を教わったのに、何も恩返しができなかったと、心残りも。

よろしければ、一言どうぞ

【過去記事】こんな記事も・・・・・

惰性

惰性を調べると、「これまでの習慣や勢い」と出てくる。なぜ調べたかと言う

日本語未解読?

時々古代の研究をしている人たちが、この文字はまだ解読できていません。と

思うよりも人って

人の言葉で傷ついたり、それで泣いたり。 他人の不用意な言葉に、結構傷つ

適応能力

人が現在栄華を誇っているのは、強かったからではありません。 人は、虎の

今年の目標

もう一ヶ月も経って遅いのですが、今日、意外にも今年の目標を書く機会があ

初と始

「初めて」「始めて」 ?????   この違いは? &nbs

言葉と宗教

この間、インドヨーロッパ語族のことについて読んでいたら、ちょっと目から

サイト、創り中

ようやくサイトの形が整ってきました。と言っても、まだ途中。途中と言えば

不完全な完璧さ

不完全な完璧さ。   不完全なとは、勿論完全ではないという意

うだつ

「うだつがあがらない」なんて、意味も知らずに、でも、使い方は正しくだれ

人任せはよくない!

待ってはいけない。 なんなら、相手を待たせなさい。 人の助けを期待して

「止」に「少」を書いて「歩く」。   歩き続けるのもいいけど