徒然

信じる力 -恋愛編-

2014年10月4日

まず、自分が相手を好きだという前提で。

相手の事が好きだという思いに嘘はつけないと思うので、問題ないけど、相手が信用できるか・・・は、相手の事を好きだとどうしてもあるフィルターを通してみることになるので、やっかい。

 

好きだから、信用できる。

この場合は、いい感じ。

 

でも、好きだから信用出来ないっていう場合もある。

なぜ好きなのに信用できないかと言えば、答えは簡単。相手の事が好きだから。

もしかすると、自分に自信がないせいかもしれないけど。

 

自分の期待したような反応をしてくれないと、自分の事を好きじゃないんじゃないの?

と思ったり、

連絡しても、すぐに返事が返ってこなかったり。

 

余談ですが、この「連絡」。

以前は手紙。一昔前は電話。最近はメール。ごく最近ではLINE。

LINEしても、既読のまま返事がこない・・・とか、なかなか既読にならない・・・とか。

 

元の話。

どうしても、相手が自分のことを好きなのかどうか自信が持てないと、毎日がつらいもの。

何とか打破したいけど、もともと自分の期待した反応をしてくれないから、始末が悪い。

 

ただ、悩むだけ悩んだら、嘘でもいいから(ここは頑張って嘘でいいので)前向きな気持ちで相手と会って話す事。

くだらない話とか、愚痴とかでもいいから、とにかく前向きに明るく話をしてみる事。

自分も変わる気持ちで。何よりも、自分が暗い自分と決別する勢いで。

 

そうしたら、きっと相手の事が信じられる。

 

これは体験談なので、すべての人に当てはまらないだろうけど。

 

自分が期待した反応じゃないって、きっと、二人の近い将来の話に対してじゃないかな?

ちゃんと、前向きに相手と話が出来れば、相手は節々に、自分とは違う方法で二人の近い将来の事を話していたりする。

自分の気持ちが暗いと、せっかく二人の事を話している相手の言葉を聞き逃してしまいがち。

 

いくら好きでも他人なのだから、二人の将来の思い描き方は、それぞれ。

それがすり合わせていって、きっと結婚とかって事になるんだろう。

でも、まだ同じように同じ未来は描けないなら、お互いの未来の描き方を理解し合う事も必要だし、自分が相手に期待しているように

相手だって同じように期待している事があるはず。

 

期待していない反応が返ってきても、即好きじゃないとか、別れる!

なんてことを考えないで、信じる努力も必要でしょう☆

よろしければ、一言どうぞ

【過去記事】こんな記事も・・・・・

自分を現す人称代名詞は、日本語の場合、やたらと多いです。特に男性が使う

判子と印鑑

判子を持ってきてください。 とか、 印鑑お願いします。 なんて、良く使

受け入れる

嫌な事も、受け入れる度量が必要! それが、今自分に与えられた試練だから

習慣

とりとめもなく言葉が書きたくなったら、とりあえず、心の中に閉じこもって

タブレットの普及で

スマートフォンの普及はかなりのものですが、年代を越えて重要があるのは、

言葉の端々

結構良く使う言葉なのに、書こうとすると、どんな字? と考える言葉がたく

「Happy」が繋ぐ世界

ファレル・ウィリアムスの「Happy」が世界を繋いでる。 こんな事言う

調子にのってはいけない

繊細な関係を保とうとする場合、相手と予想以上の会話が出来たからといって

夢と目標

夢と目標は違うと良く聞くけれど、最近実感した事。 海外ドラマが好きだっ

うだつ

「うだつがあがらない」なんて、意味も知らずに、でも、使い方は正しくだれ

日本語の起源

今、世界で主流なのが印欧語=インド・ヨーロッパ語族。ヨーロッパ人は、文

ダメな時は、ダメ!

ダメな時は、ダメ いさぎよく諦めて、次の準備をする!その時、気持ちを引