ことば.comロゴことば.com

今日の教訓

いつ、いかなる時も

2013年11月17日

いつ、いかなる時も、誰が来ても
フットワーク軽く動けるようにしておくこと。

それが、仕事。

よろしければ、一言どうぞ

【過去記事】こんな記事も・・・・・

ひきこもごも

ソチ五輪も、もう終わり。すべての競技を見た訳ではなく、こんな競技もある

お彼岸

お彼岸と言えば先祖を供養する事を考えます。でも元々お彼岸と言うのは、今

ことばの不思議

言葉が生まれたのは、いつなのかな?と考えると、猿から人間へ変わった時っ

埋まらない五十音

韓国語を少しだけかじった事があります。たまたま韓国から来ていた人と知り

信頼

時間が経って、ある程度の信頼が築けると、無駄な事を言わなくても良くなる

影響を受ける

子供の頃から詩を書きためたノート群から一冊を取り出して読んだりすると、

全然

「全然」 この言葉、私が子供の頃は、否定的に使う言葉でした。 ・全然知

「主」と「副」

時間があるからと、「主」ではなく「副」に力を注いで、気付いたら「主」が

言葉を交わす

一人で仕事をしていると、勿論はかどる事もあれば、誰かの顔色をうかがう必

受け入れる

嫌な事も、受け入れる度量が必要! それが、今自分に与えられた試練だから

いつまで使い続けられるか?

日本語には、文字として漢字・平仮名・片仮名の三種類があります。もう少し

波瀾

ニュースを聞いていて、「波瀾」という言葉が妙にひっかかりました。 「波