ことば.comロゴことば.com

徒然

詩とメロディー

2014年03月5日

詩は、それだけで力のあるもの

何かがあった時

何かが起こった時

もしかすると、何も起こらなかった時

心の中に渦巻く思いが、ことばとなってこぼれ出る

その流れが、詩となるんでしょう。

で、その詩にメロディーをつけると歌になる。

聞き方なのか、歌のもつ力なのか、音楽がずっと心に残る場合と、詩が心に残る場合がある。どちらがいいとかって分からないけど、同じ歌詞でアレンジが違うと、また違った風景が見えてくる。これって、凄い事なんだと思える。ことばは同じなのに、情景が変わって見えるのだから。

読み手の環境が変わると、違った風景が見える事があるけれど、それとは違う。楽器の持つ力だとも言えるかもしれない。同じメロディーをピアノにするか、バイオリンにするかでイメージが違うし。最近はバンドにサックスを入れる場合が多くなったけれど、サックスは私に取っては夕方のイメージ。物悲しい雰囲気が漂う。ケニー・Gのイメージが強すぎるかな・・・。

音楽と舞踊が元々は同じ一つのモノだったように、音楽と詩は切っても切れない間柄なんでしょうね。

よろしければ、一言どうぞ

【過去記事】こんな記事も・・・・・

スタートさせる事

頭の中でいろいろ考える。あんなことも出来るかも・・・とか、こんなことも

日本、私たちの未来

日本国憲法 第二章 戦争の放棄 第九条 日本国民は、正義と秩序を基調と

満足とか不足とか・・なぜ、足?

寝不足だな・・・なんて思って、ふと疑問。 満足する時には、満ち足りる。

受け入れる

嫌な事も、受け入れる度量が必要! それが、今自分に与えられた試練だから

雨、あめ、飴、編め・・・

雨、あめ、天、飴、編め・・・・ 日本語は同音異義語が多いので、こういう

時には、無関係の人のことばも・・・

競合他社の人だけど、なぜかとてもいい人だな・・・・と思っていたら、今日

素敵な言葉

今日、初めてお会いした方ですが、いろいろ話をしました。 70代の方で、

言葉は生き物

もし、言葉に変化がなければ、今も平安時代の人達と同じ言葉を話し、文章も

一喜一憂しない。

一喜一憂しない。 一喜一憂して、自分の気持ちに振り回されていたら、とて

2月

2月と言えば、今年はオリンピック。もう間もなく本番です! 2月ですが、

大人になるってことは?

30歳を過ぎる頃からか、人って成長しない生き物だと実感したのは。 人を

石の上にも三年

石の上にも三年。これは、冷たい石の上でも三年も座っていれば暖まるだろう