徒然

詩とメロディー

2014年03月5日

詩は、それだけで力のあるもの

何かがあった時

何かが起こった時

もしかすると、何も起こらなかった時

心の中に渦巻く思いが、ことばとなってこぼれ出る

その流れが、詩となるんでしょう。

で、その詩にメロディーをつけると歌になる。

聞き方なのか、歌のもつ力なのか、音楽がずっと心に残る場合と、詩が心に残る場合がある。どちらがいいとかって分からないけど、同じ歌詞でアレンジが違うと、また違った風景が見えてくる。これって、凄い事なんだと思える。ことばは同じなのに、情景が変わって見えるのだから。

読み手の環境が変わると、違った風景が見える事があるけれど、それとは違う。楽器の持つ力だとも言えるかもしれない。同じメロディーをピアノにするか、バイオリンにするかでイメージが違うし。最近はバンドにサックスを入れる場合が多くなったけれど、サックスは私に取っては夕方のイメージ。物悲しい雰囲気が漂う。ケニー・Gのイメージが強すぎるかな・・・。

音楽と舞踊が元々は同じ一つのモノだったように、音楽と詩は切っても切れない間柄なんでしょうね。

よろしければ、一言どうぞ

【過去記事】こんな記事も・・・・・

初と始

「初めて」「始めて」 ?????   この違いは? &nbs

言葉は生き物

もし、言葉に変化がなければ、今も平安時代の人達と同じ言葉を話し、文章も

タブレットの普及で

スマートフォンの普及はかなりのものですが、年代を越えて重要があるのは、

お彼岸

お彼岸と言えば先祖を供養する事を考えます。でも元々お彼岸と言うのは、今

スーパームーン

二か月続けてのスーパームーン! スーパームーンは、月が一番地球に近づい

年賀

そろそろ年賀状を考える季節になりました。 年賀って何も考えずに使ってい

ことのは

「やまとうたは ひとのこころをたねとして よろずのことのはとぞなりける

以心伝心

なんと!年始に奇数日アップを目指す!なんて言っていたのに、気がつけば・

原点

いつものようにやっているつもりなのに、何かおかしい・・・とか、上手くい

日本語の面白いところ

日本語と言うか、漢字も含めて・・・と言う事になりますが。 まず、漢字に

「聞く」と「聴く」

話しているときは問題なくても、いざ書こうとすると、どの字を使うのが正し

2月

2月と言えば、今年はオリンピック。もう間もなく本番です! 2月ですが、