ことば.comロゴことば.com

徒然

詩とメロディー

2014年03月5日

詩は、それだけで力のあるもの

何かがあった時

何かが起こった時

もしかすると、何も起こらなかった時

心の中に渦巻く思いが、ことばとなってこぼれ出る

その流れが、詩となるんでしょう。

で、その詩にメロディーをつけると歌になる。

聞き方なのか、歌のもつ力なのか、音楽がずっと心に残る場合と、詩が心に残る場合がある。どちらがいいとかって分からないけど、同じ歌詞でアレンジが違うと、また違った風景が見えてくる。これって、凄い事なんだと思える。ことばは同じなのに、情景が変わって見えるのだから。

読み手の環境が変わると、違った風景が見える事があるけれど、それとは違う。楽器の持つ力だとも言えるかもしれない。同じメロディーをピアノにするか、バイオリンにするかでイメージが違うし。最近はバンドにサックスを入れる場合が多くなったけれど、サックスは私に取っては夕方のイメージ。物悲しい雰囲気が漂う。ケニー・Gのイメージが強すぎるかな・・・。

音楽と舞踊が元々は同じ一つのモノだったように、音楽と詩は切っても切れない間柄なんでしょうね。

よろしければ、一言どうぞ

【過去記事】こんな記事も・・・・・

夢と目標

夢と目標は違うと良く聞くけれど、最近実感した事。 海外ドラマが好きだっ

書き言葉と話し言葉

書き言葉と話し言葉が違うのは仕方ないかな・・・とは思うのですが、これは

信じる力 -恋愛編-

まず、自分が相手を好きだという前提で。 相手の事が好きだという思いに嘘

日本語と漢字

例えば英語、ドイツ語やフランス語もそうですが、同じような意味を持つ同音

不信感

不信感は、いつ生まれるのだろう?   何となく感じるようにな

受け入れる

嫌な事も、受け入れる度量が必要! それが、今自分に与えられた試練だから

言葉と文字

言葉があれば必然と文字が生まれるのだろう・・・なんて勝手に思っていたけ

不安

不安とは、安心できない事。安定しない事。ただ、安定しない事なら不安定と

自分が納得できるように

例えば、自分には合わないな・・・と思いながらやっている仕事。 合わない

日本語の起源

今、世界で主流なのが印欧語=インド・ヨーロッパ語族。ヨーロッパ人は、文

憂:国土強靭化計画

国土強靱化計画は、田中化角栄の日本列島大改造を思い出す。 最近、以前中

さくら

奇数日に必ずブログを書こうとしてますが、よく見ると抜けてますね。すっか