ことば.comロゴことば.com

徒然

詩とメロディー

2014年03月5日

詩は、それだけで力のあるもの

何かがあった時

何かが起こった時

もしかすると、何も起こらなかった時

心の中に渦巻く思いが、ことばとなってこぼれ出る

その流れが、詩となるんでしょう。

で、その詩にメロディーをつけると歌になる。

聞き方なのか、歌のもつ力なのか、音楽がずっと心に残る場合と、詩が心に残る場合がある。どちらがいいとかって分からないけど、同じ歌詞でアレンジが違うと、また違った風景が見えてくる。これって、凄い事なんだと思える。ことばは同じなのに、情景が変わって見えるのだから。

読み手の環境が変わると、違った風景が見える事があるけれど、それとは違う。楽器の持つ力だとも言えるかもしれない。同じメロディーをピアノにするか、バイオリンにするかでイメージが違うし。最近はバンドにサックスを入れる場合が多くなったけれど、サックスは私に取っては夕方のイメージ。物悲しい雰囲気が漂う。ケニー・Gのイメージが強すぎるかな・・・。

音楽と舞踊が元々は同じ一つのモノだったように、音楽と詩は切っても切れない間柄なんでしょうね。

よろしければ、一言どうぞ

【過去記事】こんな記事も・・・・・

うまく行く時と、行かない時と

うまく行かないときは、誰かに頼りたくなったり、愚痴を言いたくなったり。

波瀾

ニュースを聞いていて、「波瀾」という言葉が妙にひっかかりました。 「波

素敵な言葉

今日、初めてお会いした方ですが、いろいろ話をしました。 70代の方で、

言葉って難しい

ある日、量販店での会話。 お客さん「DVDってどこ?」 店員さん「DV

感謝

感謝と言う字を見ていて、ふとクエッション。「感じる」と言う字と「謝る」

「Happy」が繋ぐ世界

ファレル・ウィリアムスの「Happy」が世界を繋いでる。 こんな事言う

日本、私たちの未来

日本国憲法 第二章 戦争の放棄 第九条 日本国民は、正義と秩序を基調と

公用語から考えた。

以前、日本語は単純で合理的な言葉だと聞いた事があり、具体的にどういうこ

「今」に感謝

とかく女はよく喋る! 女子会をすると、帰り際、いつも思う。いったい、い

うだつ

「うだつがあがらない」なんて、意味も知らずに、でも、使い方は正しくだれ

年賀

そろそろ年賀状を考える季節になりました。 年賀って何も考えずに使ってい

何となく歌を聞いていたら、「息も止まるほど・・・・」なんて歌詞が聞こえ