漢字の意味

2014年01月13日

自分を現す人称代名詞は、日本語の場合、やたらと多いです。特に男性が使う言葉が多いような気がします。フォーマルな場面では「わたし」や「わたくし」という言葉も使いますが、他にも「俺」「僕」「小生」「吾輩」「我」「拙者」「吾輩」「朕」「それがし」などなどなど。

今の時代だと、「拙者」とか「それがし」なんて言葉は時代劇でしか聞く事はなく、男性が多く使うのが「僕」と「俺」。この二つも、どちらかと言えば、砕けた感じがするのは「俺」。使う人によっても違いますが。

イメージ的にちょっと澄ました感じで使われている「僕」ですが、この字って「しもべ」ですよね。今は誰もそんなつもりで言ってないですが、「僕」は「小生」と同じ謙称。相手に対してへりくだった言い方なので、「あなたのしもべ」みたいな意味そのものってことになります。
スサノオノミコトも読み方は違っても「僕」と使っていたみたいですから、随分古くから使われている言葉です。

ただ、最近使われるようになった理由は、尊王攘夷の志士たちが「天皇陛下の僕」と言う意味で使い出したのが現代に至る・・・という状況のようです。
どちらかと言えば、女性に対して「あなたのしもべですよ」なんて事が使われ出した最初だと面白いのですけどね。
時々話題になる「君が代」の「君」は天皇陛下だと教わっていますが、もともとは「あなた」という広義の意味で使っていあ歌のようですから、今も昔も変わらない男女の関係なんて意味があってもいいですよね。

よろしければ、一言どうぞ

【過去記事】こんな記事も・・・・・

調子にのってはいけない

繊細な関係を保とうとする場合、相手と予想以上の会話が出来たからといって

日本語未解読?

時々古代の研究をしている人たちが、この文字はまだ解読できていません。と

日本語と漢字

例えば英語、ドイツ語やフランス語もそうですが、同じような意味を持つ同音

言葉と宗教

この間、インドヨーロッパ語族のことについて読んでいたら、ちょっと目から

言葉の端々

結構良く使う言葉なのに、書こうとすると、どんな字? と考える言葉がたく

311

無情にも時間は過ぎていく物だと実感するのは、今日のような日なのかもしれ

ひかり・光の語源

「ひかり」という言葉ですが、なかなか綺麗な言葉だと思っているのは、きっ

逃げるのは、良くない・・・?

物事から逃げずに立ち向かえ! とは、良く言われることだけど、逃げるのは

言葉と文字

言葉があれば必然と文字が生まれるのだろう・・・なんて勝手に思っていたけ

原点

いつものようにやっているつもりなのに、何かおかしい・・・とか、上手くい

自分への言葉

海外ドラマで「メンタリスト」というドラマがある。それを見ていたら。主人

勘違いのネアンデルタール人

「はじめてのことば」で、ネアンデルタール人の咽喉の構造がホモサピエンス