ことば.comロゴことば.com

漢字の意味

2014年01月13日

自分を現す人称代名詞は、日本語の場合、やたらと多いです。特に男性が使う言葉が多いような気がします。フォーマルな場面では「わたし」や「わたくし」という言葉も使いますが、他にも「俺」「僕」「小生」「吾輩」「我」「拙者」「吾輩」「朕」「それがし」などなどなど。

今の時代だと、「拙者」とか「それがし」なんて言葉は時代劇でしか聞く事はなく、男性が多く使うのが「僕」と「俺」。この二つも、どちらかと言えば、砕けた感じがするのは「俺」。使う人によっても違いますが。

イメージ的にちょっと澄ました感じで使われている「僕」ですが、この字って「しもべ」ですよね。今は誰もそんなつもりで言ってないですが、「僕」は「小生」と同じ謙称。相手に対してへりくだった言い方なので、「あなたのしもべ」みたいな意味そのものってことになります。
スサノオノミコトも読み方は違っても「僕」と使っていたみたいですから、随分古くから使われている言葉です。

ただ、最近使われるようになった理由は、尊王攘夷の志士たちが「天皇陛下の僕」と言う意味で使い出したのが現代に至る・・・という状況のようです。
どちらかと言えば、女性に対して「あなたのしもべですよ」なんて事が使われ出した最初だと面白いのですけどね。
時々話題になる「君が代」の「君」は天皇陛下だと教わっていますが、もともとは「あなた」という広義の意味で使っていあ歌のようですから、今も昔も変わらない男女の関係なんて意味があってもいいですよね。

よろしければ、一言どうぞ

【過去記事】こんな記事も・・・・・

自分が納得できるように

例えば、自分には合わないな・・・と思いながらやっている仕事。 合わない

時には、無関係の人のことばも・・・

競合他社の人だけど、なぜかとてもいい人だな・・・・と思っていたら、今日

自分を現す人称代名詞は、日本語の場合、やたらと多いです。特に男性が使う

人称代名詞

ある本を読んでいて、人称代名詞は日本語にはない!といったような事が書か

挨拶

朝、人に会った時、「おはようございます」の挨拶をするけれど、こちらから

言葉は生き物

もし、言葉に変化がなければ、今も平安時代の人達と同じ言葉を話し、文章も

「Happy」が繋ぐ世界

ファレル・ウィリアムスの「Happy」が世界を繋いでる。 こんな事言う

新しい風、新しい空気

今日は、やたらと仕事が楽しかった!   普段一人で仕事をして

判子と印鑑

判子を持ってきてください。 とか、 印鑑お願いします。 なんて、良く使

ことばが繋ぐ人との輪

素通りするより、会釈して。 会釈だけより、微笑んで。 ほんの少し勇気を

心を開いてみる

今日は久々に同業他社の方とお会いする事にあり。。。 普段はいないはずな

さくら

奇数日に必ずブログを書こうとしてますが、よく見ると抜けてますね。すっか