ことば.comロゴことば.com

漢字の意味

2014年01月13日

自分を現す人称代名詞は、日本語の場合、やたらと多いです。特に男性が使う言葉が多いような気がします。フォーマルな場面では「わたし」や「わたくし」という言葉も使いますが、他にも「俺」「僕」「小生」「吾輩」「我」「拙者」「吾輩」「朕」「それがし」などなどなど。

今の時代だと、「拙者」とか「それがし」なんて言葉は時代劇でしか聞く事はなく、男性が多く使うのが「僕」と「俺」。この二つも、どちらかと言えば、砕けた感じがするのは「俺」。使う人によっても違いますが。

イメージ的にちょっと澄ました感じで使われている「僕」ですが、この字って「しもべ」ですよね。今は誰もそんなつもりで言ってないですが、「僕」は「小生」と同じ謙称。相手に対してへりくだった言い方なので、「あなたのしもべ」みたいな意味そのものってことになります。
スサノオノミコトも読み方は違っても「僕」と使っていたみたいですから、随分古くから使われている言葉です。

ただ、最近使われるようになった理由は、尊王攘夷の志士たちが「天皇陛下の僕」と言う意味で使い出したのが現代に至る・・・という状況のようです。
どちらかと言えば、女性に対して「あなたのしもべですよ」なんて事が使われ出した最初だと面白いのですけどね。
時々話題になる「君が代」の「君」は天皇陛下だと教わっていますが、もともとは「あなた」という広義の意味で使っていあ歌のようですから、今も昔も変わらない男女の関係なんて意味があってもいいですよね。

よろしければ、一言どうぞ

【過去記事】こんな記事も・・・・・

素敵な言葉

今日、初めてお会いした方ですが、いろいろ話をしました。 70代の方で、

困った時は・・・・

困った時は、なりふり構わず行動する! 心底、こうしたいから、こうして欲

集団的自衛権は必要?

集団的自衛権は、国際的に認められた国が持てる権利。 今まで持たなかった

何となく歌を聞いていたら、「息も止まるほど・・・・」なんて歌詞が聞こえ

完璧な矛と完璧な盾 だから矛盾

これは、どんな盾も貫ける矛だよ! これは、どんな矛からも身を守れる盾だ

ひかり・光の語源

「ひかり」という言葉ですが、なかなか綺麗な言葉だと思っているのは、きっ

ひきこもごも

ソチ五輪も、もう終わり。すべての競技を見た訳ではなく、こんな競技もある

諦めない時

もう今日は諦めようと、帰り支度は万全。とりあえず、休憩室に戻ったけれど

出会いって何だろう?

新しい場所へ行くと、どんな人と出会えるのかちょっとワクワク。 素敵な人

何事もおろそかにしない

ここ数カ月、取り組んでいる事。   どうしても、自分に直接関

視野を広げる

特に忙しい訳ではなくても、何かしら追い詰められているような感じで、落ち

一匹は一匹

一人でもがくより、二人がかり。二人がかりの大きな結果のはずが、驚きの結