徒然

万感の思いを込めて

2014年02月16日

ソチ五輪。男子フィギュアスケート。高橋大輔選手最後の五輪は総合六位。

彼の王者たる所以は、決していい訳をしない事。起こったすべてを受け入れる器を持っている事。もしかしたら、時には受け入れ難い事だってあったに違いないけれど。

今回のソチは、高橋選手にしては考えられない順位ではあるけれど、その悔しさを胸に秘め、彼は言う。「これが、今の自分の実力」
見ている者でさえ悔しい思いが募ると言うのに。

2005年12月に行われた全日本選手権での、本田武史選手との新旧交代劇は劇的で、それ以来、日本の高橋から世界の高橋へ。
本田選手から高橋選手に渡されたバトンを持って、一人ひた走った八年間。今そのバトンは、高橋選手の手を離れ、羽生選手へと渡っていった。

多くの感動を与えてくれた高橋選手に別れを告げる時・・・。

よろしければ、一言どうぞ

【過去記事】こんな記事も・・・・・

雨、あめ、飴、編め・・・

雨、あめ、天、飴、編め・・・・ 日本語は同音異義語が多いので、こういう

今日が終われば、また明日じゃん!

「今日が終われば、また明日じゃん!」 これ、名言! と思います。 なか

ことばの不思議

言葉が生まれたのは、いつなのかな?と考えると、猿から人間へ変わった時っ

完璧な矛と完璧な盾 だから矛盾

これは、どんな盾も貫ける矛だよ! これは、どんな矛からも身を守れる盾だ

信頼

時間が経って、ある程度の信頼が築けると、無駄な事を言わなくても良くなる

タブレットの普及で

スマートフォンの普及はかなりのものですが、年代を越えて重要があるのは、

漢字で国名

今日、向きが逆になっていたからという事もあってん、「米B52が防空識別

スタートさせる事

頭の中でいろいろ考える。あんなことも出来るかも・・・とか、こんなことも

落ち込んだら・・・

落ち込むと、なんとか這い上がろうともがくのだけど、なかなか這い上がれな

何となく歌を聞いていたら、「息も止まるほど・・・・」なんて歌詞が聞こえ

何でも前向きに!

嫌みも悪意もないお誘いは、安易に断らずに参加しよう! こちらの気分一つ

視野を広げる

特に忙しい訳ではなくても、何かしら追い詰められているような感じで、落ち