ことば.comロゴことば.com

漢字の意味

「聞く」と「聴く」

2014年01月15日

話しているときは問題なくても、いざ書こうとすると、どの字を使うのが正しいんだろうと迷う事が良くあります。「聞く」と「聴く」もその一つ。

まず「聞く」の方は、「音を耳で感じ取る。自然に耳に入ってくる」。「聴く」の方は、「聞こうとして聞く。注意してよく聞く。聞こえるものの内容を理解しようとする」と言った違いがあり、「聞く」は受動的。「聴く」は能動的という漢字でしょうか?

ただ、漢字を見ていると、どちらにも「耳」という字が入っているのですが、雰囲気が違う。で、漢字を調べてみました。

まずは「聞」と言う字ですが、門の中に耳と言う字です。これは、門に耳を当てて中の様子を伺っている様子なのだそうで。

ま「聴」と言う字ですが、「耳」に「十四」と「心」です。「聽」と言う字が元々の字で、左側が「耳」の下に「王」。この左側の部分は、人が天に向かって耳を傾けている様子を表した文字で、神の声を聞いていると思われます。
右側が「十」「四」「一」が縦に並んでいるのですが、この部分は「直」に当たると思われます。その下が「心」。
「直」に関しては、様々な意見がありますが、現在使われている「直す」や「真っ直ぐ」「素直」などに通じる意見です。

「直」に関しては、說文解字第十二篇下にこのような文があります。「正見也。左傳曰。正直爲正。正曲爲直。其引申之義也。見之審則必能矯其枉。故曰正曲爲直。从十目乚。謂以十目視乚。乚者無所逃也。三字會意。除力切。一部。今隷作直。」
最初の文字は「正しく見るなり」ですね。途中「十の目でLを見る」という文字もあります。
神の声を真っ直ぐに聞くといった意味があったのでしょうね★

「きく」には、もう一つ「訊く」という字もありますが、こちらは「問いただす」という意味があります。「逃げ口上を考えるひまを与えないように、口早にといただす。広く、罪をせめとう。罪をとがめたずねる。」などなど。
この字は、「尋ねる」と違いを考えた方が良さそうです。

よろしければ、一言どうぞ

【過去記事】こんな記事も・・・・・

訃報

訃報は突然やってくる。長く会っていない人だと、驚きはするが、なかなか実

原点

いつものようにやっているつもりなのに、何かおかしい・・・とか、上手くい

思いを形に

生きていると、こんな事がしたい。あんな事がしたい・・・といろいろ思い描

自分が納得できるように

例えば、自分には合わないな・・・と思いながらやっている仕事。 合わない

不完全な完璧さ

不完全な完璧さ。   不完全なとは、勿論完全ではないという意

上の空

文章を書くのに、いろいろと妄想していた時に、ふと、今、誰かに声をかけら

ダメな時は、ダメ!

ダメな時は、ダメ いさぎよく諦めて、次の準備をする!その時、気持ちを引

困った時は・・・・

困った時は、なりふり構わず行動する! 心底、こうしたいから、こうして欲

雨、あめ、飴、編め・・・

雨、あめ、天、飴、編め・・・・ 日本語は同音異義語が多いので、こういう

石の上にも三年

石の上にも三年。これは、冷たい石の上でも三年も座っていれば暖まるだろう

文字は消えない

言葉が生まれてから、それを記憶するために。また、記録していくために使わ

お彼岸

お彼岸と言えば先祖を供養する事を考えます。でも元々お彼岸と言うのは、今