漢字の意味

「聞く」と「聴く」

2014年01月15日

話しているときは問題なくても、いざ書こうとすると、どの字を使うのが正しいんだろうと迷う事が良くあります。「聞く」と「聴く」もその一つ。

まず「聞く」の方は、「音を耳で感じ取る。自然に耳に入ってくる」。「聴く」の方は、「聞こうとして聞く。注意してよく聞く。聞こえるものの内容を理解しようとする」と言った違いがあり、「聞く」は受動的。「聴く」は能動的という漢字でしょうか?

ただ、漢字を見ていると、どちらにも「耳」という字が入っているのですが、雰囲気が違う。で、漢字を調べてみました。

まずは「聞」と言う字ですが、門の中に耳と言う字です。これは、門に耳を当てて中の様子を伺っている様子なのだそうで。

ま「聴」と言う字ですが、「耳」に「十四」と「心」です。「聽」と言う字が元々の字で、左側が「耳」の下に「王」。この左側の部分は、人が天に向かって耳を傾けている様子を表した文字で、神の声を聞いていると思われます。
右側が「十」「四」「一」が縦に並んでいるのですが、この部分は「直」に当たると思われます。その下が「心」。
「直」に関しては、様々な意見がありますが、現在使われている「直す」や「真っ直ぐ」「素直」などに通じる意見です。

「直」に関しては、說文解字第十二篇下にこのような文があります。「正見也。左傳曰。正直爲正。正曲爲直。其引申之義也。見之審則必能矯其枉。故曰正曲爲直。从十目乚。謂以十目視乚。乚者無所逃也。三字會意。除力切。一部。今隷作直。」
最初の文字は「正しく見るなり」ですね。途中「十の目でLを見る」という文字もあります。
神の声を真っ直ぐに聞くといった意味があったのでしょうね★

「きく」には、もう一つ「訊く」という字もありますが、こちらは「問いただす」という意味があります。「逃げ口上を考えるひまを与えないように、口早にといただす。広く、罪をせめとう。罪をとがめたずねる。」などなど。
この字は、「尋ねる」と違いを考えた方が良さそうです。

よろしければ、一言どうぞ

【過去記事】こんな記事も・・・・・

はじめてのことば

「ことば」と聞いて連想するもの・・・。 トップページに使っているバベル

脳波をキャッチ! Google glass

昔からの夢が、自分の考えている事をそのまま画面に映し出してくれる機能。

お洒落は当て字?

お洒落と言えば、垢ぬけていて、かっこいい感じの事を言うけれど、感じにす

人任せはよくない!

待ってはいけない。 なんなら、相手を待たせなさい。 人の助けを期待して

万感の思いを込めて

ソチ五輪。男子フィギュアスケート。高橋大輔選手最後の五輪は総合六位。

大切

「たいせつ」は、大きく切ると書いてます。自分にとって、或いは相手にとっ

思うよりも人って

人の言葉で傷ついたり、それで泣いたり。 他人の不用意な言葉に、結構傷つ

公用語から考えた。

以前、日本語は単純で合理的な言葉だと聞いた事があり、具体的にどういうこ

スーパームーン

二か月続けてのスーパームーン! スーパームーンは、月が一番地球に近づい

貪欲に

ほんの少し意識を変えると周りが変わるかも知れないと思った。どう意識を変

世間は狭い。   思いもかけない人と出会ったり、知り合った人

習慣

とりとめもなく言葉が書きたくなったら、とりあえず、心の中に閉じこもって