ことば.comロゴことば.com

漢字の意味

「早い」と「速い」

2014年01月17日

書こうとして、ふと「どっち?」と思う字に「早い」と「速い」があります。

「早い」と言う字は、上が「日」で下が「十」と言う字です。一説では、基本は「旦」と同じようで、太陽が昇る様子ですが、「旦」が地平線から太陽が昇る様子なのに対して、「早」はなぜか泉のある草原から太陽が昇る様子なのだそうです。
別の説では、「日」と人の頭を現す「甲」から「朝はやい」と言う意味の「早」になったとのこと。私に判断はできませんが、どちらにせよ、「早」と言う字は、例えば「早朝」のように時間的に早い場合に使います。

もう一つの「速い」と言う字ですが、まず「しんにょう」は「辵」が変形したもので、上の部分が「ぎょうにんべん」で下の部分が「足」です。足で使う動作を指しており、歩くことや行くことを現します。「束」ですが、時間を束ねるように縮めることから「速」が生まれ、スピードの速さに使います。

よろしければ、一言どうぞ

【過去記事】こんな記事も・・・・・

スタートしたら・・・・

スタートさせたら、順調に進められるのかと思いきや! いろいろ問題が・・

石の上にも三年

石の上にも三年。これは、冷たい石の上でも三年も座っていれば暖まるだろう

受け入れる

嫌な事も、受け入れる度量が必要! それが、今自分に与えられた試練だから

元旦と元日

新しい年が始まりました! 2014年。すぐにソチオリンピック!楽しみで

新しい風、新しい空気

今日は、やたらと仕事が楽しかった!   普段一人で仕事をして

雨、あめ、飴、編め・・・

雨、あめ、天、飴、編め・・・・ 日本語は同音異義語が多いので、こういう

ことのは

「やまとうたは ひとのこころをたねとして よろずのことのはとぞなりける

2月

2月と言えば、今年はオリンピック。もう間もなく本番です! 2月ですが、

言葉の端々

結構良く使う言葉なのに、書こうとすると、どんな字? と考える言葉がたく

お彼岸

お彼岸と言えば先祖を供養する事を考えます。でも元々お彼岸と言うのは、今

変化に対応する

年末年始、いつもと違う雰囲気に戸惑って、結果は散々。 今日は、いつもと

漢字で国名

今日、向きが逆になっていたからという事もあってん、「米B52が防空識別